« 水木金土 | トップページ | 細い月 »

2007年6月12日 (火)

最悪

今日は久々に晴れの予報。雲の具合からしても今晩こそ晴れそう、と予感して機材を車に詰め込み仕事に出かけました。夕方になり、やや雲があるものの、まあ日が沈めば消えるだろうと思い、遠征しました。

少し明るいうちに着いてセッティングなどやってそろそろ薄明も終わるかな、と思っていた頃・・・、だんだんと星は薄くなって行き金星、木星すら見えなくなりとうとう何にも見えなくなってしまいました。せっかく遠征までしたのに、それはないだろうと・・・(涙)。

今まで遠征では不調に終わったことはなかったのですが、今年の天気は本当に変です。天気予報が当てになりません。晴れの予報でも夕方から必ず薄雲が出ます。カラッと快晴になることがまずありません。これも地球温暖化のせいかと疑ってしまいたくなります。

1枚だけ撮れたM51です。

M51_1

薄雲越しとはいえ、空が暗いのでまあまあ写っています。しかし、このあとで本曇りになってしまったのでこれだけです。コンポジットもできませんでしたし、画面中央にもってくることもできませんでした。

天気予報はあと2日持つ予定ですが、当てにできません。毎日夜遅くなるわけにもゆかないので、明日晴れたとしても近間でしょうか。

|

« 水木金土 | トップページ | 細い月 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

暗い銀河もガイド撮影するとハッキリ写りますね。長時間露出への誘惑ですね。銀塩時代よりはマシですが・・・。
夕べは黒川の方が数時間雲が広がるのが遅かったようですね。ラッキーでした。とは言っても11時過ぎるとかなり条件が悪くなったので、正味2時間程度しか撮影できませんでした。私も今日は出撃できません。

投稿: tantan | 2007年6月12日 (火) 16時06分

ガイド星に明るいものが見つからなくてうまくガイドできず流れてしまいました。
準備にも手間取りましたし、手早くする方法を確立しないと時間がもったいないです。
しかし、今の季節は撮る対象に困ります。
春の小宇宙は西に傾きつつあるし、夏の銀河はまだ早いし、といった感じです。
M13が場所的にはちょうどいいのですが、星団は一度撮ると飽きます。

投稿: まるひ | 2007年6月13日 (水) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192501/15402524

この記事へのトラックバック一覧です: 最悪:

« 水木金土 | トップページ | 細い月 »