« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月23日 (水)

半自動ガイド初挑戦

スカイセンサーで初めて半自動ガイドに挑戦してみました。いままですべてノータッチでしたが、さすがに歩留まりが悪く、どうにかしなければと思っていました。ガイド鏡として購入した45EDでしたが、1年目にして初めてそのお役につけました。

こと座M57です。

M57070522

77ED+1.4倍エクステンダ、EOS KissD改です。3分3枚コンポジットです。4枚写したのですが、1枚はちょっと流れてしまいました。これもカメラの液晶では気づかなかったのですが、少しだるま状になっています。じぶんではうまくいったつもりなのですが、ちょっと失敗でした。同じ方向にだるまになっています。微動スイッチのひとつの方向だけ戻りすぎたのでそのせいだと思います。今度調整してみます。

新潟市の真ん中の光害地ですが、惑星状星雲はよく写りますね。改造デジカメの効果で周辺の赤いガスもよく写っています。中心星も写っているような・・・

今を去ること数十年前にも手動ガイドをやりましたが、あのときの135mmより楽ですね。完全手動は一時も目を離せませんが、半自動ガイドはちょっとくらいは空を見あげる余裕があります。自動ガイドにはいつ到達できるかはわかりませんが、撮影対象が広がりうれしいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

意地悪な天気

まったく意地の悪い天気です。

このところせっかく月がなかったのにずーっと晴れ間がありませんでした。月も回ってきてもう撮影ができなくなる頃になってようやく晴れ間を見せ始めました。これから数日は晴れそうです。いまさら晴れてももう遅い!という感じです。

明日は仕事なので出かけることもできません。しかし!スカイセンサーになったおかげで北極星の見えないうちの庭からでも撮影できるのではないかとさっそく試してみました。

対象は光害には強いM13にしました。とはいってもうちの庭は三方家に囲まれて、それしか見えないという理由もあります。で、写ったのがこれです。

070520m13

77EDに1.4倍エクステンダーを付けました。35mm換算では1000mm近いでしょう。さすがにノータッチは無謀です。3分露光は話になりません。仕方がないので1分6枚撮影し、比較的流れていない4枚をコンポジットしました。カメラの設定をRAWにするのを忘れてJPEGで撮ってしまいました。

画像処理でガイドの悪さをごまかしています。なかなか半自動ガイドで写すのがおっくうなのですが、そろそろ練習します。

しかし、庭での撮影というのは快適ですね。究極のお気楽といった感じです。機材を運ぶ必要もないし、寒ければ露光中は家に入っていればいいし、これで暗くて視界が広ければ文句はないのですが。

でもこの味を占めてしまったので、出るのがおっくうなときは家で撮るようになるかもしれません。光害カットフィルターが欲しくなりますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

M51,M101ファインディングチャート

昨日はM51とM101の写真を載せましたが、これを撮るのは2回目です。

最初は今を去ること31年前です。

M51m101

天文ガイドに送ったところ入選した作品です。恥ずかしいような写真ですがまあ、過去の栄光?といったところです。

当時は写真に線をいれるのもポスターカラーで書き入れたりと一苦労でしたが、これはきれいに引けているでしょう?種を明かせば、引き伸ばしをするときにシャープペンシルの芯をそれぞれの長さに折ったものを印画紙の上に置いたものです。赤フィルターを通した星像の上に置く作業がとてもしんどかった記憶があります。2枚とは焼けませんでした。

あの頃は天ガに載るのも何か一工夫あれば採用される確率が高かったような気がします(実はもう一点載りました。機会があればいつかご紹介します)。高級機材を使ったハイアマチュアの写真がバンバン載る現代から見るとのどかな時代でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

自動導入導入

変なタイトルですが、スカイセンサー2000をGP赤道儀につけました。

先日の撮影での導入の苦労を書いたところ、ここによくコメントをいただくtantanさんより貸していただけるとのお誘いをいただきましたので、甘えさせてもらいました。

tantanさんにはこの場を借りて改めてお礼を申し上げます。

夕べは雲が時折飛びながらも先日の新潟県史上初の光化学スモッグも晴れ、雲間からクリアな星々が見えていました。

M101

M101です。

夕べは初めてのスカイセンサーであり、お試しのつもりでしたので、短時間露光、使い慣れた無改造の*istDS、miniBORG 45EDという組み合わせです。

最初アライメントがうまくゆきませんでしたが、M101を指定して写してみるとバッチリ中央に入っています。かなり暗い対象で、液晶でも写っているかどうかわからないくらいでしたが帰ってパソコンで見るとドンピシャです。眼視ではとうてい無理でしょう。フリップミラーで切り替えて見ても見えませんでしたから。

自動導入がこんなに楽だとは思いませんでした。続くM51も瞬時に導入でき、自動導入の偉大さを再認識しました。もう戻れないですね。

M51

作品としては露光不足、ピンぼけとかなりひどいですが、まあ、お試しということでご容赦ください(といいわけをする)。

次回はきちんとした写真を撮ります。ご期待を!しかし天気は思わしくなく、次はいつになることやら・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »