« やっと晴れました | トップページ | 今年の桜 »

2007年4月13日 (金)

初めてのソンブレロ

先日の準遠征での成果はしし座三星雲とこのソンブレロ星雲の2枚だけです。

M1041

miniBORG 45ED直焦点、5分×2枚です。4枚撮ったのですが、残り2枚はガイドがうまくゆきませんでした。ノートリミングにしてみました。さすがに小さいですね。でも、こういうぽっかり浮かんだ系外星雲の雰囲気がすきです。

思えば過去においてもM104を撮ったのはこれが初めてです。眼視では見た記憶がありますが、写真に撮ったのは標準レンズのガイドでもなかったかもしれません。私にとっては記念すべき1枚です。

導入にはずいぶん苦労しました。双眼鏡ではすぐ見つけられるのですが、今回はスポットファインダーの電池切れというボケをかましてしまったので、フリップミラーで切り替えて直接45EDの視野内にいれようとしました。しかし視野角の勘がつかめず見つけられません。たぶん視野に入るのでしょうが、このくらいの明るさの星雲になると、ここにあるんだ、という先入観を持って見ないと見えてきません。

結局事前に印刷してきたファインディングチャートを頼りにカメラのファインダーを見ながら入れました。それでも最初の一枚ははずしました。

導入には自信があったのですが、300mm超のレンズになるとちゃんとした導入システムを考えないとだめですね。赤道儀の自動導入なんかいらないと思っていましたが、真剣に欲しくなってきました。なんてたって今回はバラ星雲さえ入れられませんでしたから。

自動導入付き赤道儀のための貯金を始めましたがいつになることやら。

|

« やっと晴れました | トップページ | 今年の桜 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

今週末もひどいお天気ですね。春の銀河は小さい物が多くて、遠征派のアマチュアには辛いです。そうすると高性能の赤道儀が欲しくなるのですが、赤道儀選びは悩ましいですね。軽くて精度の良い赤道儀(ついでに安くて)があれば良いのですが、値段と精度と重量は比例してますね。特にノータッチガイドという点ではステッピングモーターが有利ですね。
PHDguidingは非常によいオートガイドソフトなので500mm程度を一眼デジカメで撮影するなら、対応している機種なら何でも大丈夫だと思います。ところでケンコーの赤道儀にASCOMは対応してましたっけ?

私は最近、これに興味があります。
http://homepage2.nifty.com/astec/Menu.htm

投稿: tantan | 2007年4月14日 (土) 14時35分

う~ん
オートガイドを視野にいれると赤道儀はなんでもいい、ということにはならないんですね。ST-4対応とは書いてありますが、これがどういったものかもよく理解できていません。
まあ、ゆっくり研究します。

投稿: まるひ | 2007年4月15日 (日) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192501/14670982

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのソンブレロ:

« やっと晴れました | トップページ | 今年の桜 »