« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月28日 (木)

さらにM42

今日は北風が吹きまくり、いよいよ冬本番です。太平洋側がうらやましいですね。老後は群馬県の山よりのところなどに引っ越して星見三昧したいものです・・・夢ですが。

さて、先日のM42のクローズアップレンズを入れないバージョンです。

Imgp2790

昨日のものより、やや大きめといった感じでしょうか。周辺は流れています。比較するとどちらがいいかは難しいところですね。

miniBORG45ED/PENTAX *istDSノーマル/VIXEN GP ノータッチ/5分×2+3分×2+1分×2/ステライメージ

です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

今年最後の星空

25日は一ヶ月ぶりによく晴れました。空気も乾きいい星空でした。ただ、月がありましたので、9時過ぎまではちょっと明るめでしたが。

朝から機材を車に積んで、会社帰りに直接遠征しました。やっぱり、暗いところだと違いますね。M42も薄いところまでよく出ています。画像処理はあまり「どピンク」にせず、押さえてみました。

Imgp2780

45EDにクローズアップレンズを入れています。入れる場所を工夫してカメラにより近いところに入れてみました。ピントもよく合い、周辺像も良くなっています。高価なレデューサでなくても結構使えるようです。

月も明るくなってきましたし、もう、天候も望めないので、これが今年最後の星空のようです。

来年もいい星空が見られますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

初めてのM42

毎日毎日雨続きで、このまま年が明けるのではないかと思っていたところに、ようやく晴れ間が訪れました。

それもほんの数時間で、霧まで出ていたのですが、なんとか念願のM42を撮ることができました。

Imgp2779_1

あまり遠くへはゆけず、近くの郊外です。南に住宅地があるので、カブリも目立ちますが、それでもこんなに写ってくれました。

miniBORD45EDです。5分×2枚+3分×2枚+1分×2枚のコンポジットです。最後のコマに人工衛星が入ってしまいました。

無改造デジカメでもM42は良く写ってくれます。画像処理でピンクを強調すれば結構見栄えがします。ちょっと昔なら45mmとはとても思えません。

さらに、暗いところで撮りたいと欲が出ますが、もうまもなく山は雪です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

新潟から尾瀬

あまり知られていないことですが、ここ新潟市内からでもあの「遙かな尾瀬」が見えます。

Pict0002

尾瀬の燧ヶ岳です。とても見えにくいので、だいぶ画像処理しました。矢印の先に特徴的な双頭峰が見えています。たまたま持っていたのがコンパクトデジカメだったので、あまり拡大できませんでした。miniBORGがあればよく撮れたと思います。

上空はどんより雲だったのですが、南は隙間のように雲が切れていて透明度も抜群でした。年に何回かはこんな珍しい天気があります。

場所はここです。私の新潟市内の星見スポットでもあります。

「hiuchimi.kmz」をダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

M31再処理

M31を再処理してみました。

M31_3

12月3日と同じ画像を使っていますが、3種類の露光をコンポジットしてHDR(High Dynamic Range)風に仕上げてみました。

Photoshop CS2が32ビットHDRサポートということで話題を呼んでいるようですが、ステライメージは元々がビットの深さに制限がないので、いくら加算しても情報が飽和しません。重ねた後でうまく調整すればHDRと同じ効果が得られるわけです。

M31は中央を白くとばした方がダイナミック感がでるのですが、あえて押さえた処理にしてみました。本来の処理では見えないはずの中央付近の星が透けて(?)見えるようです。

M31ではあまり恩恵はないようですが、M42では威力を発揮してくれるものと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

春先取り

毎日雨続きで、やるせません。太平洋側がうらやましいです。

先日の遠征でのひとこまです。明け方に本来、春の対象であるかみのけ座の系外星雲がいい位置に来ましたのでダメ元で撮ってみました。

Ngc4565_1 

結構写るものです。最低3つ写っています。あまり考えていなかったので45EDにクローズアップレンズを入れてあります。トリミングしてあります。

NGC4565は好きな星雲のひとつです。昔135mm望遠で撮ったときはわずかにフィルムの埃くらいにしか写らなかったのですが、お気楽撮影でここまで写るのに感激です。次は拡大してみたいですね。でも春までおあずけです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

雪の日は画像処理

ここ新潟では冬はほとんど星見になりません。今日、初雪が降りました。正直、関東地方がうらやましいです。

こんな日はじっくりと画像処理でもやるに限ります。新たに覚えたテクニックで見違える写真に生まれ変わることがあるので飽きないですね。ある意味、撮影よりおもしろいかもしれません。

昨日に引き続き、先週の遠征での成果です。空が暗いとこんなにも違うのかと思うほどです。

M31_1

miniBORG45ED直焦点です。5分×2枚+3分×2枚+1分×2枚のコンポジットです。かなり画像処理したことはしたのですが、それに耐えうる情報を含んでいます。新潟市郊外でもかなりいけると思っていたのですが、これを見るとやっぱり空の暗さが大事なことがつくづくわかります。

次の新月が待ち遠しいですね(晴れればですけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

45EDファーストライト

この週末は先週とうってかわり雨、雷の一日です。あの星空が嘘だったようです。

遅ればせながら、先週の星見での成果です。

M45を撮ってみました。45EDファーストライトです。あまり強拡大せずに空に、浮かんでる感じの星雲星団が好きです。

一枚目は45ED直焦点5分×3枚コンポジットです。

M45061125_2

先日ステライメージの公式ガイドブックを手に入れて、それを見ながらセオリーどおりにやってみました。今までのは間違っていたんですね。見違えるようです。やっぱり空も暗くないとだめなのですね。これからはおっくうがらずに暗いところへ出かけようと思います。

こちらはNo3のクローズアップレンズをレデューサ代わりに入れたものです。5分×2枚コンポジットです。

M45061125r_2

画角が広くなっているのがわかります。周辺像は流れなくなっていますが、ピンぼけになっています。入れる位置によって変わるかもしれませんのでいろいろ試してみたいと思います。

しかし、このくらいの焦点距離だとノータッチでいけるので、「お気楽な星見」にはぴったりです。それでいてこれだけの出来。いい時代になったものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »