2019年8月20日 (火)

眼視を諦める

最近めっきり視力が落ちてきました。私の場合、老眼なのですが、乱視もあって像がぼやけてしまいます。まあ、メガネをかけるとある程度矯正されるので日常には問題ありません。しかし、望遠鏡を覗くと星がきれいに見えません。飛蚊症もあるので視野の中を黒い物体が飛び回っています。これ、どういうわけか接眼レンズを覗くとくっきりするんですよね。邪魔でしかたがありません。左目は比較的乱視も軽いし飛蚊症もないのですが、どうも利き目でないほうで接眼レンズを覗く癖がついていないので見づらいです。そんなことで最近は眼視をすることがほとんどなくなりました。眼視用に手軽な望遠鏡を買おうかなとも思ったのですが、楽しめそうにないので諦めました。こうやって歳取ると楽しみが少しずつ減っていくんですね。

記事とは関係ありませんが、おととい撮影した土星です。

22_40_09848

シーイングは中より下レベルでした。それにしても20cmならばもう少しよく写るはず。カシニの空隙全周くらいは写って欲しいです。安物バローのせいなのかなあ。思い切ってパワーメイト買ってみようかな、ADC入れるとちょっと良くなるかな・・・とか再び小物の物欲が湧き上がっているこの頃です。

| | コメント (4)

2019年8月15日 (木)

空に月、川に星

新潟市西区の新川でお盆中「新川ホタル」というイベントが開かれています。

Img_3097

なかなか素敵なイベントとは思いますが、見物客は意外に少ないです。あんまり宣伝していないし、周囲に駐車場が少ないせいでしょうか。

今日は満月とのコラボが見られました。案外晴れに恵まれないので星とのコラボが撮れる機会は少ないです。台風の影響で透明度は良かったので、月がなければいい感じで天の星との競演も撮れたかもしれません。お近くのかたはぜひ来年お越しください。

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

シーイング良・・・ですが

今日も暑い。久々に夕方比較的早い時間に帰れたので望遠鏡覗くことにしました。赤道儀は数日前から物星台に設置しっぱなしです。筒を載せるだけ。案外シーイングは良さそうです。最良とか行きませんが、良くらい。

201908103

HD800+ASI290MC、SharpCap、AutoStakkert、Registax

割とよく撮れたと思います。そこで2倍バローを付けてみました。

201908101

う~ん、何ですかね。像が悪くなっています。そもそも余計な光学系を追加するわけですからいくらかの劣化があるのは当然だとしても、解像度もコントラストも落ちている。バローレンズの品質が悪いのか。やっぱり安物はだめなのかなあ。最近あるブログでこれとほぼ同じ光学系とカメラでこれより遥かに素晴らしい作品を見ました。解はあるので感張ればそこまで行けるということです。まず疑わしいのが光軸です。きちんと合っていないというのは明らかなのですが、どうにもコツがつかめません。そもそも最近は夕方晴れてもすぐに曇られてしまうので、じっくり合わせるということができません。その次はバローの買い換えですかね。パワーメイトが欲しいけど高いし、さほど大きな差はないという記事も見るし、悩ましいところです。やっぱり光軸きちんと合わせて良シーイングを待つしかないんですかね。惑星は写すだけなら簡単だけど極めるというのはすごく難しいです。

 

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

星マスクの重要性

先日の天蓋高原で撮影したものです。

201908034

SAMYANG 135mm F2.0 ED UMC(F2.0)、EOS 60D(ノーマル)、ISO6400、20秒×42枚、CD-4ノータッチガイド、ノートリミング

私には珍しく絞り開放高感度短時間露光多数枚コンポジットで撮ってみました。それなりに画像処理しています。星マスクなめてました。昔はよくやったのですが、最近はめんどくさくなり、宇宙だし~星がキラキラしてあたりまえじゃん、とか適当な言い訳つけてやっていませんでした。最近StarNet++というソフトが大流行のようで、私も流行に乗ってダウンローしてみました。おお、いいじゃん。銀河が引き締まりディテールも心なしか見えてきたように見えます。う~ん、やっぱり手抜きはだめですね。

ちなみにこれは星マスクしないものです。

2019080342

今まではこれで満足していました。やっぱ比べると違いますね。一手間かけるとかけないとで大きく違うことがよくわかりました。反省。

 

| | コメント (2)

2019年8月 6日 (火)

らせん星雲

タイトルが思いつかないので、そのものずばりです。

201908033

R200SS 20cm 800mm(コマコレPHで760mm F3.8)、Astro 60D(約-5℃)、ISO3200、300秒×10枚、EQ6PROオートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding RAP2、ステライメージ、StarNet++、Flat Aide Pro、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

私的にはちょっと画像処理をまじめにやってみました。まあ、決して褒められた出来ではないのですが。中心部は青が正解なのか、緑が正解なのかわかりません。私は涼しげな青が好きなのでこんな感じにしました。周辺はもっと赤かったのですが、派手なのは好まないので抑え気味にしてあります。撮影者の好みが出る対象だと思います。

この日も重要なものを忘れました。ガイドカメラ用のUSBケーブル。なにかないかと探し回ったら、自作シャッターコントローラーに付いていました。しかし短い。ぎりぎりなのでパソコンを持ち上げる工夫をしたりと涙ぐましい努力でした。機材の整理整頓が苦手です。いつもぐちゃぐちゃ。だから忘れるんです。みなさんきちんと機材管理していますよね。私はだめです。

さらに言うと、本当はこの日の狙いはM20三裂星雲だったのですが、だめでした。なぜか視野の真ん中に入らない。自動導入で近傍の恒星は入るのに、M20を指定すると全く外れてしまいます。理由がわかりません。なんとか手動で真ん中に入れてガイドしてみますが、どうしても流れてしまう。時間も勿体ないので止めました。今までM20をきちんと撮ったことがありません。どうも相性が悪いみたいです。子どもの頃からの憧れの対象なんですが、一生撮れず終いになるかもしれません。

| | コメント (2)

2019年8月 4日 (日)

セカンド撮影地へ

ホーム撮影地もいつまでも安住の地でなくなりつつあるようで、最近は時間のあるときは別のところに行くこともあります。村上市の向こう、天蓋高原です。新潟、いや日本屈指の星見スポットでもありますが、関東圏からは遠すぎるのでそれほど多くのマニアは訪れません。それでも晴れた日には人を見かけないことはないです。交流広場は駐車場も広く、トイレ、水も整備されていますので普通はみなさんここで撮影されるようです。しかし、私はどうもいろいろ車が出入りするところは好きではありません。ですので私はいつもここから少し離れた農道で撮影をすることにしています。まず誰も来ないし、交流広場よりも視界が開けていて、宇宙の真ん中に一人立つ気分が味わえるので最高です。

夕暮れの頃に到着しました。

Img_3064

若干傾斜はありますが、地面は舗装されていますので機材は設営には困りません。農道とはいえ、ここだけ広い。車駐めて機材をいくつか立てても余裕があります。メイン機材での撮影は相変わらず忘れ物とか、失敗続きで今回も成果はほぼなしです。しかし夏の一日を宇宙の真ん中で過ごせたことがなによりの幸せです。

撤収間際に撮った星空

201908031

パノラマ合成しました。左のオレンジは村上市の灯りです。日本屈指の星空とはいえ、あの方角だけは残念です。右にも青い灯りが。あちらには大きな街はないのですが、光の色からして都市光ではないようです。こういう灯りが周囲にいくつかありますが、もしかしたら日本海の漁り火かもしれません。あれも光害なんでしょうけど、見ている分には美しいと感じました。

機材を撤収中に車が1台やってきました。この時間、こんなところに来るのは同業者以外にありません。と思ったら通り過ぎて行きました。星屋さんなら声をかけてくると思いましたが、そうでないところを見るとただ走り屋さんかもしれません。たまに農道の真ん中でカメラを放置して撮ることもありますが、やらなくてよかったです。誰もこないだろうとは思えど、車も脇に駐め、機材も車が通れるスペースを空けて設置したのですが、正解でした。夏の夜の天蓋高原は星屋さん以外にもいろいろな人が集まります。

| | コメント (2)

2019年8月 2日 (金)

ホーム撮影地に異変

昼間はよく晴れました。暑いけど透明度もそこそこ。ただ、低空はもやがかかっている感じですっきりしない。いつも行く遠征地の方角は薄雲がかかっていて山も見えないほど霞んでいます。でも日が沈めば薄雲も取れるだろうと出かけることにしました。20時頃着きましたが、やっぱり薄雲が多いです。それに湿気がすごい。車のガラスもすぐに曇ってしまいます。気温は25度くらいなのでしょうが蒸し暑い。それでも雲が取れることを信じて機材を設置します。21時過ぎても薄雲がかかったままです。どうもだめっぽい。この日の撮影は諦めました。撮影がだめなら眼視くらいしようかと思ったのですが、それすら出来ないほどの雲です。撤収。

Img_3063

田んぼと山の境目にライトが光っています。フラッシュのように点滅しています。これが10個くらい等間隔にあります。一体なんのため?獣害防止でしょうか。今まで10年以上通っていますが、ここで動物の気配を感じたことはありません。それとも別の目的なんでしょうか。どなたか知っていたら教えてください。光自体はそれほど明るくないので直焦点撮影には影響ないと思いますが、地上風景入れた星景はもうここでは撮れないかも。しかし点滅するだけに気になってしかたがありません。でも撮影に場所を借りている立場上、文句も言えません。慣れた場所なのでここ以外には行きたくありません。我慢するしかないですかね。

| | コメント (8)

2019年8月 1日 (木)

どちらが好き?

先日のハーバルパークでの天の川です。

201907282

ドノーマルの直球、まさに星野写真の王道と言うべく、ごく普通に仕上げたポタ赤ガイドの天の川です。

こんな風にもしてみました。

201907283

まさにSNS映え狙いのコテコテ天の川です。ちなみにソフトフィルター使って、Sequatorで合成、Photoshopでど派手レタッチ、逆周辺減光処理しています。絵画ですね。

私のような古い人間は前者のほうにほのぼのとした味わいを感じるのですが、今の若い人の感性だと後者になるんでしょうね。まあ、でもこうやって並べて見ると後者も悪くないな、と感じてきます。案外こういうのもありかな、とか思ってきました。しかしみなさんどこかで見たことあるなあ、と思ってらっしゃるでしょうね。やっぱり自分ではこういうの止めておきます。

| | コメント (0)

2019年7月30日 (火)

まるひの休日2019~後編~

さて、金沢峠から下りたら15時半。予定では18時頃に温泉に行ってゆっくり疲れを癒やして山都の蕎麦でも食べて帰るつもりです。しかしこれから行ったんじゃ早すぎます。もう2時間くらい時間をつぶさねば。ナビを見たらここから会津若松までは15kmくらい。30分もかからない。案外近いんですね。会津に来たら必ず寄るという柏屋で薄皮饅頭を買うことにしました。女房は、もし行くのならこしあんでね、という希望。私は絶対つぶあん派です。両方買います。いざ柏屋に着いたところで、ここまで来たらと近くの飯盛山に行きたくなりました。一度行ったことはあるのですが、ただなんとなく。

これはさざえ堂

Img_3051_r

ちょっと入ってみたかったですが、拝観料400円が惜しくて素通りしてしまいました。ブラタモリがロケに来たそうです。その回は見逃してしまいました。

白虎隊士自刃の地

Img_3053_r

観光地ですが、こういう悲しいいわれの地はおごそかな気持ちになります。少年の像が見ている方角に鶴ヶ城があるとのことですが、わかりませんでした。写真にも撮りましたがやっぱり見つかりません。かなり遠くなのでしょうか。

鶴ヶ城の近くに、会津藩校日新館、唯一の遺構. 日新館天文台跡というものがあると知りました。日本天文遺産第1号として認定されているそうです。これは天文ファンとしては見ておかなければなりません。しかし、17時もすぎ、時間ももうあんまりない。詳しい場所の下調べもしないで、とにかく鶴ヶ城の駐車場に駐めました。歩いていればなにか道標でもあるかと思ったらなんにもありません。駐車場が18時に閉まるそう。結局探せず時間切れ。諦めました。

Img_3059_r

帰ってからグーグルマップで調べたら、鶴ヶ城の城外で住宅地の中にあるそうです。狭い路地を通っていくようで、下調べせずに行くのは無謀でした。

時間もいい頃合いですし、第三の目的、温泉に向かいます。また喜多方に戻って、山都の奥のいいでのゆです。会津若松と喜多方を結ぶ国道121号線がすごい。片側一車線ですが、高速並に100kmで流れています。あっという間に喜多方に着きました。

ここがいいでのゆ

Img_3060_r

ネットでたまたま見て、源泉掛け流し、山都の蕎麦を食べられるとのことで決めました。17時を過ぎると入湯料300円というのもお得感あります。ちなみにこの先は飯豊山の裾野を通って山形の小国に抜けるようです。結構道はいいみたいですが、なぜかストリートビューが来ていません。いつか新潟~山形~福島~新潟を周遊してみたいです。

お風呂に入り、お蕎麦を食べて外に出たら快晴です。天の川が撮れそう。はっ、と思いつきました。そうだ、ハーバルパークに行こう。午前中に行って、いつか夜に来たいと行っておきながらそれがその日になるとは、その時は考えもしませんでした。

21時ちょっと前に着きました。真っ暗です。誰もいません。園内は時間外でも入るのは自由です。でも熊が怖いので熊鈴つけて入りました。

201907281

イメージ通りになりました。建物の灯りは防犯灯でしょうか。あまり気にはなりません。冷却デジ一とポタ赤とバッテリーを持って園内歩くのはしんどかったです。撮ったのは3枚ほど。残りはいずれ。締めくくりに天の川まで見られて、今回は充実のふらり一人旅でした。

| | コメント (4)

2019年7月29日 (月)

まるひの休日2019~前編~

毎年恒例で海の日にふらりドライブに出かけるのですが、今年は諸事情により出かけられませんでした。28日は娘のライブ遠征に女房が付いていってしまい、夕ご飯は各自勝手にどうぞ、ということになってしまったので、じゃあ好都合とばかりこの日に出かけることにしました。せっかくなので温泉にでも入って夕ご飯もそこで、という予定です。行き先ですが、もう県内は行き尽くしてしまったので県外にします。まあ、ある程度予定は立てましたが、半分は行き当たりばったりです。行き先は会津。途中思いついたようにこんなところに。

阿賀町の取上観音

Img_3018_r

ここ通るたびにどんなところかと気にはなっていたのですが、毎回次にしようと先送りにし、とうとう40年過ぎてしまいました。40年目にしてようやく実現。しかし場所がよくわからなかったです。専用駐車場があるわけでもないのでどこに駐めていいかもわかりません。ちょっと離れた待避所に駐めて歩いてみました。そうしたらなんと国道脇を見上げればすぐそこにあるではないですか。40年間通っていながら全然気がつきませんでした。

Img_3027_r

立派な彫刻が周りに施されています。どれも価値がありそう。昔の人の執念みたいなのを感じますね。特に由来とか書いたものはなかったので調べてみたいです。

次に寄ったところは芦沢高原ハーバルパーク

Img_3033_r

女房と娘は2回来ています。勧めた本人は今回が初めてです。広い園内花だらけ。常に季節の花が咲き乱れているようです。ひまわりは咲き始めです。ちょっと前はラベンダーだったようでした。春には菜の花、秋にはコスモスが咲くようです。向こうが南なので、ひまわり天の川が撮れそうです。今度夜に来てみたいです。しかし、何営なんでしょうね。私営なのか、公営なのかよくわかりません。これだけの手入れをするにも手間とお金は相当かかると思うのですが、入場料は入らないし、お土産とか飲食で儲かっているとも思えないし、謎です。女房と娘も同じこと言っていました。

このあと、第一の目的、喜多方ラーメンを食べること。しょぼい目的ですね。どうせなら蔵の街でも歩きながらいいお店に入りたかったのですが、駐車に苦労しそうなのでやめてネットであらかじめ調べておいた郊外店にしました。あんまり旅の醍醐味がないといえば返す言葉がありません。

ラーメンを食べたら第二の目的、金沢峠に登ること。雄国沼の眺めが素晴らしそうです。できれば湿原にも降りてみたい。道も細く急勾配、結構難所ですが、ようやく頂上へ・・・しかしなんと一面の雲。

Img_3039_r

景色なんて全く見えません。何しに来たんでしょうね。まあ、高い標高に登ったというだけでも満足です。

Img_3042_r

降りて振り返ったら峠の上はあんな感じ。もうちょっと雲が高ければね。

Img_3045_r

第三の目的は温泉入って山都の蕎麦を食べることなのですが、夕方までにはまだ時間もあるし、さてどうしよう・・・後編へ続く。

| | コメント (2)

«とりあえず上げておきます