2018年11月19日 (月)

そろそろ冬支度

週間予報から晴れマークが消えました。そろそろ新潟も冬に入ったようです。今週末はもしかしたら雪がちらつくかも。といっても今年は雪が遅いです。去年は今日初雪があったようです。積もる前に山の方に撮影に行く機会もあるかもしれません。凍らないとも限らないので、念のため早めにタイヤ交換しておこうと思います。

遠征できない分、自宅観望が多くなると思います。貴重な晴れを有効に使うために月夜でも見れる対象に、惑星状星雲めぐりを考えています。小さいですが、単位面積あたりの光度は明るいので短時間露光でも写ります。私が知らないだけで名称のついていない惑星状星雲でも面白そうなのはたくさんありそうです。家の中からぬくぬくしながらステラナビゲータで一つ一つ訪ねるのも楽しそうです。

15日に撮ったエスキモー星雲です。

20181152

短時間露光で数枚ライブスタックでこれくらいです。写真撮らずとも見て歩くだけでもいいかも。とはいえ、新潟の冬の天気は変わりやすいので、機材を出したり入れたるするのが大変そうです。晴れたら即見られるような、なにかいい方法ないですかね。

| | コメント (3)

2018年11月16日 (金)

馬頭なめてました

15日は曇のち晴れの予報でした。でも夜になってもなかなか雲がなくなりません。予報は外れたかと思いましたが、22時頃からだんだん雲がなくなってきて、月が沈む頃の23時には快晴になりました。まずはBob's Knobsに取り替えたHD800の光軸修正からです。CMOSカメラを付けて、パソコンの画面を見ながら10分くらいでちゃちゃっと。完全かどうかはわかりませんが、とりあえず時間もないし、これでいいです。時間のあるときゆっくり合わせます。

まずはオリオン大星雲を撮ってみました。

201811151

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI1600MC-COOL(約-20℃)、LPR-N、GAIN300、300秒×9枚+120秒×4枚+30秒×4枚+10秒×8枚、SharpCapでライブスタック、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、ステライメージ8、Photoshop CS6で画像処理、ノートリミング

ガイドミスか、光軸不良か、若干星がいびつに見えます。GAIN300だとノイズはほぼありません。300秒だと中心部がぶっ飛びますので4段階で他段階露光しました。さすがに光害地ですので周辺の淡い部分は難しいです。でも1400mmで初めて撮ってみました。迫力ですね。

このあと馬頭星雲を撮ってみました。なめてました。みなさん素晴らしい作品撮られているので、それを頭に描いていたのですが、ちょっとくらい露出掛けてもごく淡く写るだけで全然絵になりません。といってGAINを上げると光害ですぐに真っ白。コントラストも低いし、結構難物だと改めて思いました。そいうえば過去に撮ろうと思ったときも淡くて全然だめで、こりゃ難しいと思い、それ以来撮ったことがありませんでした。やっぱり暗いところで明るい光学系使い、何十枚も撮らなければだめなんでしょうね。この冬の目標にしたいと思います。でももう冬に入ってしまうし、来シーズンまでチャンスないかもしれません。

| | コメント (6)

2018年11月13日 (火)

徒然なるままに

あれから全然晴れません。土曜日は晴れそうな予報で、ちょっとでもいいからと遠征する気満々だったのですが、予報は悪い方にずれ、まったくだめでした。夜中から明け方にかけてちょっと晴れた日もあったようですが、平日の深夜じゃ活動できません。更新ネタもないまま1週間が過ぎようとしています。やることもないので昔の雑誌でも手に取って眺めてみました。そうしたらこんな記事が。

Img_0855

C8鏡筒の調整方法ではないですか。2011年7月の天文ガイドです。HD800をちょうど調整しようと思っていたところなので役立ちそうです。そういえば天文雑誌は立ち読みするだけであまり買わないですね。星ナビはたまに買いますが、天ガはめったに買いません。ちょっと拾い物した気分です。今日の夕方もヒマ潰しにブックオフに入ったのですが。天ガの2012年~2015年くらいまでのが並んでいました。2012年あたりのを開いてみましたが、懐かしいですね。当時の活気あった天文活動が蘇ります。今はあまり見かけない常連さんの名前も出ています。写真のレベルも今ほどバカ高くなく、今の私くらいでもちょっと頑張れば載りそうなレベル?フィルムの部とデジタルの部と別れていて、今のインスタ映えするような星景でなく、ほのぼのとしたものが多いです。この、自分の撮った写真でももしかしたら掲載されるかも、というの、天文人口の裾野広げるのに大事だと思うんですよね。今はビギナーの部とかいうものありますが、そっちですらハイレベルで初心者お断り感が漂っています。昔は良かった、なんていうと年寄り扱いですが、ついそんなこと思っちゃうこの頃です。

| | コメント (12)

2018年11月 7日 (水)

普通すぎるM31

道院ではM31を撮りました。

miniBorg 60ED+0.85倍レデューサー(約298mm)、Astro 60D(約-20℃)、ISO1600、480秒×6枚+120秒×4枚+20秒×4枚、CG-4オートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding

2018110321

2018110322

いじくり回してなにがなんだかわからなくなってきました。多段階露光のコンポジットが決まらず変な色ムラが付いてしまいました。上の2枚はフラットの方法を変えてみたのですが、どっちがいいのかよくわかりません。

居直って多段階露光止めて480秒×6枚だけでやってみました。

2018110323

背景はこっちの方がスッキリしています。しかし本体に迫力がありません。やっぱり決定的に露光が足りないのと、60mmなりの写りなんでしょうね。普通すぎて感動もなしです。メジャー対象で納得できるような作品にするのはなかなか難しいです。

| | コメント (10)

2018年11月 5日 (月)

道院に集う

3日はよく晴れました。週末と新月期が重なった快晴って今年になって初めてのような気がします。いつもは自宅観望でお茶を濁していますが、こんな日は遠征しないわけには行きません。いい機会なのでいつもの撮影地ではなく、いつもコメントをいただく皆さんにお会いしたくなり中越方面に出かけました。長岡市(旧栃尾市)の道院キャンプ場の駐車場です。去年下見に来ていました。夜は初めてです。すでに何台かの車が停まっています。ご迷惑にならないよう、恐る恐る侵入し、端っこに停めてとりあえずご挨拶。けんちゃさんとnjpさんでした。他には長岡市や新潟市からいらしたという数名の方々とご一緒です。新潟県内でこんな人の多い有名撮影地にくるなんて初めてです。いつも単独撮影しかしない私はちょっと緊張してしまいます。この日は明日のお出かけに備えてあまり長居するつもりでなかったので簡単機材です。とりあえず撮影の合間に放置して撮ったもの。

201811031

TOKINA AT-X 11-20 PRO DX F2.8(15mmくらい F3.2)、EOS 60D(ノーマル)、ISO1600、5分×10枚、CD-1でノータッチガイド、RAP2、Photoshop、ステライメージ、ダーク、フラット処理

プレアデス付近の天の川と対日照です。30数枚撮ったのですが、薄雲通過や高度によるカブりで10枚しか使えませんでした。なかなかカブりと対日照の区別がつきにくく苦労しました。まだ完全でないかも。

途中でeclさんがいらしゃいました。暗くてお顔が拝見できませんでしたが、撮影中けんちゃさん、njpさん共々、いろいろお話を伺い楽しいひとときを過ごすことができました。eclさん、コーヒーごちそうになり、ありがとうございました。私は0時過ぎに早々においとまさせていただきました。大勢での撮影も楽しいものですね。またいつか機会がありましたらご一緒させていただけたらと思います。

| | コメント (10)

2018年11月 4日 (日)

紅葉日和

3日はよく晴れました。今年になって初めてとも言える撮影日和。もちろん遠征に行きました。それは後回しにして、その翌日4日。この日も快晴。絶好の行楽日和。ということで紅葉見物に行ってきました。ルートは三条から290号線を通って魚沼へ。そこから252号線で田子倉湖、そして奥会津を通って49号線に出て新潟まで帰るという周遊コース。前回はたぶん15~16年ぶりだと思います。私は何度も通りましたが、家族は今回が初めて。

逆光の紅葉が鮮やかです。

Img_2660

田子倉湖はまさに見頃。紅葉具合、天候とばっちり重なり、もうこんな見事な紅葉は一生見られないかも、という思いで満喫しました。

Img_2665

田子倉ダムサイトで休憩。Windowsの壁紙みたいな風景です。

Img_2676

田子倉ダムから只見側の変電所です。ミニチュア風にしてみました。

Img_2679

秘境駅で名高い田子倉駅を見たかったのですが、すでに廃止されていて中に入りことができず、車の中から外側だけ眺めてきました。写真もなし。ちょっと降りて雰囲気味わえばよかったです。

ここは只見線で一番の撮影ポイント。第一只見川橋梁ビューポイント。

Img_2687

近くの道の駅から数分歩いて行くことができます。確かに絶景。外国からも見に来る人が多いそうな。ここ以外にも会津早戸、宮下の間にもこんな撮影ポイントがありました。昔C11を撮りに来たことがありました。そこは残念ながら国道が新しくなり、車でのアクセスが難しくなったのと、木立が伸びて雰囲気が変わったため、人気がなくなってしまったようです。

昔の思い出も織り交ぜなから、楽しい1日でした。このルートは大好きです。高校の時、修学旅行の翌日の休みにわざわざバイクに乗って小出から只見までSL撮影に行ったこともありました。尾瀬に行った帰りは逆コースで通るのが通例でした。また何度でも来たいですがもう歳だし、これが最後かもしれません。

| | コメント (2)

2018年11月 2日 (金)

事故発生

久しぶりに赤道儀を設置した気がします。片付けたのが1週間前。その前は2週間放置していましたから3週間ぶりだったのでしょう。望遠鏡は載せず、ポールマスターで極軸を合わせたあとにバランスウェイトを取り付けました。2個付けたところで、あっ、というまもなくEQ6PROがバランスを崩し落下。手は掛けていましたが、こんな重いものが自然落下するのを受け止められるわけはありません。架頭から激突。何かが壊れた様子です。まさかコントローラでは、と思ってライトを点けたら、壊れたのはACアダプタでした。

Img_0841

まあ、考えてみればラッキーだったと思います。ACアダプタはもともと職場にあったパソコン周辺機器のものですし、同じものまだいくつも職場にあります。実質被害額0円。肝心の赤道儀本体はというと、電源つないでコントローラー付けてアライメント動作してみましたが、異音もせずスムーズに動きます。壊れてはいないよう。下がコンクリートではなく、木だったこと、ACアダプタが身代わりになってショックを和らげてくれたことが功を奏したのでしょう。普段と違う手順で設置していました。三脚のアクセサリートレイを始めに付けていました。普段はシャフトネジで赤道儀を固定してから取り付けるのですが、始めに付けてしまったことでネジを締めたつもりが締まっていなかったようです。いつもの手順を変えるのって怖いですね。教訓として心に刻んでおきます。極軸合わせからやり直そうと思ったら雲に覆われてしまいました。まあ、明日も明後日も晴れそうです。今日は反省して中止にします。

| | コメント (4)

2018年10月31日 (水)

ただのネジが

こんなものが海外から届きました。

Img_0832

OPTで買った、HD800に使うBob's Knobs。手回しできる光軸調整ネジです。

Img_0833

こんな感じに付けます。

Img_0838

つまみ付きのただの3mmnネジです。そこらのホームセンターで買えば3本でも数百円で買えそうなもの。10倍以上です。しかし、専用だけあって黒く塗ってあったり、長さも各鏡筒に合わせきっちりあっていて蓋もちゃんと閉まるようになっています。自分でこんなの探したり、加工したり色塗ったりする手間考えると高くもないのかも。日本の販売店でも売っていましたが、どこも在庫なしで納期2~3週間とか。OPTに在庫が1個ありました。送料入れると日本で買うのと同じくらいの値段ですが、英語で書かれた荷物が届くのもちょっとカッコイイという思いもあってポチってしまいました。支払いはPaypalです。あんまり簡単すぎてセキュリティ大丈夫かな、とか思うくらいです。さすがに在庫ありでも2週間くらいかかりました。早いと4~5日で届くこともありますが、なんか特急料金払った気もします。ネジを交換した時たぶん光軸狂ったでしょう。次に使うときは光軸合わせからです。実際の星見ながらやったほうが簡単そうです。あんまり追い込むほど合わせるという性分でもないので、大きく狂っていなければいいか、とか軽く考えています。だからなかなかいい写真が撮れないんでしょうね。

| | コメント (8)

2018年10月28日 (日)

トリプル記念日

今日10月28日は記念すべきことが3つ重なりました。ひとつは私の誕生日。ふたつめはこのブログを初めて干支が一回り、ちょうど12年目。みっつめはアクセス数が90万に達したこと。なお90万アクセスと重なったのは全くの偶然です。ここまでやってこれたのも皆さんのおかげです。この場を借りて感謝申し上げます。

12年、あっという間ですね。そんなに昔でもない感じです。12年を振り返るといろいろありました。始めた頃は技術もなにもなく、とにかく観たり写真を撮るのが楽しかったです。僅かな晴れ間を見ては遠征に出かけ、やりかたもわからないまま画像をいじくり回していました。今となっては見返すのも恥ずかしい処理していました。2010年過ぎた頃から機材もちょっと充実してきて、画像処理もなんとか見られる程度にはなりました。この頃が一番楽しくて、他の天文ブログも活気があった時だと思います。毎日のようにネットを巡回して、先輩たちの素晴らしい写真、役立つ情報を目にしていました。2015年頃からだと思いますが、ちょっと風向きが変わってきたような気がします。あれだけ賑やかだった天文ブログがぱったりと更新しなくなったり、全く放置状態になっているのが増えてきました。なんでなのでしょう。自分なりに心当たりはいくつか感じていますが、それはここでは述べません。最近はというと、ハイアマチュアのレベルがものすごく上がりすぎて、私なんかのレベルは2周遅れくらいです。また、星景写真の世界もカメラの性能が上がって、一昔前なら星屋さんでしか撮り得ないような天の川がワンショットで撮れるようになっています。こうなると技術よりセンスの問題ですので、もう星景は星屋から風景屋さんに移ってしまったといえるでしょうね。

そして今、再び天文趣味の王道に帰るべく、自宅の光害地でもそこそこ楽しめるDeepSkyObject、惑星撮影に傾きつつあります。まあ、天気が悪くてなかなか遠征できないということもあるんですが。健康ならもう10年~20年は星を見て過ごせるかもしれません。でも10年って短いです。時間は大切です。まだまだ撮っていない対象いっぱいあります。のんびり・・・とも言っていられないですが、まあ自分のペースでやっていきます。

まだまだこのブログは続きます。ツイッターやフェイスブックには手を出しません(たぶん)。次は100万アクセスです。カウンタの桁が足りないので増やさなければなりません。

| | コメント (8)

2018年10月25日 (木)

内合の金星

今日は金星が内合の日でした。難しい対象を撮るのが好きな私としてはこれを逃さない訳にはいきません。運のいいことに快晴です。なんとか撮ることに成功しました。

201810251

HD800(約2000mm)+ASI290MC、SharpCap、AutoStakkert、Registax、5000枚のうち10%をコンポジット。いつもはこの光学系に2倍エクステンダーを入れて拡大率を揃えていますが、今回は入れていません。

さすがに難しかったです。太陽からの離角は約6.8度。4日前に撮影したときの半分です。100mmの望遠レンズで同一視野に入るくらい。まず太陽フィルターを付け、ステラナビゲータで太陽を自動導入してみました。入りません。ずれているようです。微調整で探してみますが入ってきません。太陽で同期取らなければ金星なんて探せっこありません。ファインダー用の太陽フィルターがあれば簡単だったのですが、忘れてしまいました。なんとか知恵を絞ってやっと太陽で同期。ピントもついでに合わせます。lこれでようやく金星が導入できます。金星は視野にはいっているはずです。しかし見えません。近すぎるので危なくてファインダーは使えません。取り外しました。視野は真っ白です。さすがに無理かなあ、と諦めかけたところ、非常にコントラストが低い、糸のような金星を発見することができました。カメラに切り替えてやっと撮影に成功。2倍エクステンダーを付けてみましたが、全く映りません。ごく僅かに存在だけは確認できましたが映像に捉えるのは無理そうなので諦めました。

東京天文台では明日が内合としていますし、最も見かけの距離が太陽に近づくのは27日ですが、とりあえず今回の金星撮影はこれで一段落。2週間出しっ放しだった赤道儀も片付けました。週末からしばらく天気が悪いようです。満月期に晴れるというジンクスはしっかり守られています。

| | コメント (8)

«内合4日前