2017年5月25日 (木)

M104

最も好きでない銀河の一つです。

201705205

Celestron Edge HD800 20cm 2000mm、Astro 60D(約-14℃)、ISO1600、5分×5枚+8分×3枚、EQ6PROオートガイド、ガイド鏡ペンシルボーグ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、RStackerにてフラットコンポジット、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

書き出しの文は間違っていません。正直なところはこの対象はあまり好きでないです。明るいけどシンプル過ぎて小さい。撮るときは大抵春霞の低空なのであんまりきれいに撮れた試しがない、といったところです。ほかにはM51やM33も好きでないほうです。なんというか、腕の形が美しくないというか・・・個人の感想ですが(笑)そうは行っても撮影するんですけどね。

しかしM104は淡く広がったバルジが美しくて最近好きになってきました。撮りたいイメージがあるのですが、私の光学系では難しいでしょうね。これは全然イメージに近づいていません。もっとバルジは透き通るように淡くしたい。星もボテボテですね。光学系とかシンチレーションとかいろいろ要因はあると思います。ボツにしようと思ったのですが、記録のために載せておきます。あくまでも後で自分が見るため。

| | コメント (6)

2017年5月22日 (月)

M101

最も好きな銀河の一つです。

201705204

Celestron Edge HD800 20cm 2000mm、Astro 60D(約-14℃)、ISO1600、8分×9枚、EQ6PROオートガイド、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5LⅡ PHD2 Guiding、RAP2にてフラット、Flat Aide Pro、Photoshop CS6で画像処理、トリミング

大きいけど淡いです。8分露光くらいじゃなかなかはっきり出ません。かなりいじっています。いじりすぎると荒れてしまうので、さくっと仕上げるのが好きなのですが、こういう淡い対象はそうもいきません。9枚くらいじゃまるで足りないですね。でも今までは500mmくらいが最大でしたからその4倍です。結構迫力が出てくれて嬉しいです。

なかなか中央に導入できないので対象確認アダプタを使いました。やっぱり目で見て入れるのが一番です。カメラを付け直さなければならないのでピントがずれるのが心配でしたが、TOAG専用のものを作ったのでその心配なさそうです。無駄に時間を費やすことがなくなりました。

初めガイド星が見つからず焦りましたが、ミラーをシフトさせたらでかいのが一つ入りました。これを撮る前に4コマガイド鏡で撮影したのですが、そっちはすべて流れていました。やっぱりオフアキの効果は大きいですね。

もう1対象撮りましたが、そっちはあまりいい出来でありません。まだ処理していませんが、なんとかなったらお見せします。

5月26日


こっそりとカラフルにした画像を追加しておきます。ノートリミング。

2017052043

| | コメント (8)

2017年5月21日 (日)

水田星景

20日は久しぶりに遠征に出かけました。雪が溶けてから初めてかもしれません。透明度は19日のほうが良かったです。結構視界は悪かったですが、空が暗ければそこそこよく見えます。メインはHD800で春物銀河ですが、合間にちょっとだけ登ってきた天の川を撮りました。

201705201

これは失敗。TOKINA AT-X 11-20ですが、なぜかピントを外してしまいました。中央はましですが、左がドーナツ状でとてもひどく、ボツにしようと思いましたが、強トリミングでごまかしての公開です。

こちらは悪くない。ピント合わせ直したわけではないのに、何でだろう。

201705202

EOS 60Dノーマルです。改造EOSはメインの直焦点で使っているので。ちょっと赤が寂しいです。初めてダークとコンポジットにRStackerを使ってみました。RAWで書き戻しができるのでPhotoshopで現像できます。

皆さん、水田に写る天の川を撮っているので私も撮ってみました。星空ガイド、地上固定だと水に写った星だけ流れてしまうので、いっそ両方流しちゃえ、とこんな風になりました。

201705203

サソリが全景はいっていませんが、わざとです。なるべく水田のほうを広く取りたかったので。5分露光。比較明でもない、普通のバルブ撮影です。ノイズもそんなにないし、星の色もよく出ているし、空が暗ければ比較明よりもいいですね。

メインの直焦点の処理はまだです。成功したような、失敗したような。結果が出るまでわかりません。

| | コメント (6)

2017年5月19日 (金)

オメガ星景

今日は素晴らしくよく晴れました。週末だし、遠征しようかと考えましたが、明日もこんな天気のようだし、土曜のほうが都合がいいので明日にしました。でもせっかく透明度も抜群なのでなにか撮らねば、と思いついたのが昨日の続き。

南の低空が暗いところがないなら、いっそ星景風に撮っちゃえ、とこんな感じにしてみました。

20170519

SIGMAの70mmです。星空部はISO1600でガイド30秒8枚、地上部はISO800で固定30秒1枚。

今日はケンタウルス座Αを入れてみました。結構高いですね。次は直焦点で狙ってみたいです。

| | コメント (10)

2017年5月18日 (木)

今年のω

今日はよく晴れました。明日もあさっても晴れそう。

せっかくなので「弥彦と角田を望む水の入った水田に沈む夕日」を見に行ってみました。こんな絶好の日ですからさぞカメラマンが多いことと思いましたが誰もいません。去年あれだけ多かったのはなんだったのでしょう。案外それほど有名撮影地でもないのかもしれません。

Img_1552

夜はおととい届いたCG-4のテスト撮影をしようと出かけました。平日なので近くで簡単に。対象はせっかく透明度がいいのでこの時期限定のω星団にしました。まだ極望は届いていないし、たくさん荷物も持ちたくないのでノータッチで行きます。機材は少なくて軽い。こりゃ楽です。200mmで1分露光の予定なので適当に北極星に極軸を向け、1スターアライメントのみで撮影開始・・・甘かった。1分でも星が線状に。せめてポーラーアライメントすればよかったです。

Img_5850

Co-Borg 36ED+1.1倍フラットナー(210mm)、EOS 60D(ノーマル)、1分×6枚、ISO800、CG-4、ノータッチガイド

解像度下げてごまかしています。しかし、透明度は比較的いいです。初めて双眼鏡で眼視もできました。こんな時に失敗するなんてなさけないです。ケンタウルス座Αはわずかに視野から外れています。かろうじて写っていたコマもありましたがトリミングしたら外れてしまいました。準備不足です。毎年同じ場所からですが、次は別の場所で撮りたいです。暗くて南が開けているところを探さないといけません。でも近くにはないんですよね。

明日かあさっては天気次第で遠征に行こうかと思います。どっちの日にするかは未定。CG-4はお休みにしてまた大荷物の長焦点に戻ります。

| | コメント (8)

2017年5月17日 (水)

なんだか忙しい

例年なら4~6月は年度初めでヒマ過ぎてウツになりかねないくらいなのですが、今年はなぜか年度末並に忙しい。まあ、いいことなんでしょうけど、おかげでぶらりと写真撮りにもなかなか出られません。

今日は夕焼けがきれいでした。もう少し早く気づいていたらこの時期に毎年行っている、弥彦と角田を望む水の入った水田に沈む夕日、を撮りに行ったのですが、外を見る余裕もなく見逃してしまいました。勿体ないので5分くらいカメラ持って散歩がてら1枚撮ってきました。

Img_1544

しかしいつの間にか日が長くなりました。19時近くにならないと日が沈みません。19時なんてついこの間まで薄明が終わって星景写真撮っていた気がします。星屋にとっては夏は活動時間が少なくなるので好きでないです。

今週末から晴れが続きそうです。透明度もいい日が多いし夏物を撮り始めたいです。春物は全然撮ってないですが。

| | コメント (4)

2017年5月16日 (火)

チョイ見用赤道儀

こんなものが届きました。思ったよりでかくて重い。

Img_0433

Celestron CG-4赤道儀です。GOTO仕様です。中古ですが、あまり傷もなくきれいです。

Img_0434

これはSky Watcher のEQ3のOEM品です。Celestron純正ではGOTOキットがないので、EQ3用のものがついていました。目的の一つはHD800を載せるということです。早速載せてみました。

Img_0435

なかなかバランスいいです。耐荷重は公称5.5kg、ぎりぎりですが、若干余裕があるようです。購入元のショップの説明には眼視なら8kg、撮影なら6kgくらいは大丈夫とのことです。電源を入れてみましたが、EQ6PROと同じ感覚でウィンウィン動きます。全然問題ないです。

用途としてはEQ6PROを出すまでもない、玄関先観望や撮影のため。結構EQ6PROは重いし出すのがしんどいので、HD800でちょっと覗いてみたいと思ってもなかなか億劫でした。でもこれなら観望や月惑星撮影にすぐに出せます。もちろん決心した大きな理由は物星台で見るためです。チョイ見に結構役立ちそうです。

こんな感じの小型赤道儀でSmartEQ Proを一時持っていましたが、かなり弱くて正直役に立ちませんでした。しかしこれは結構丈夫です。クランプもしっかりしていて勝手に回ることはありません。さすがに剛性はやや弱く、手で押せば多少はたわみますが、撮影時に触らなければいいだけのこと。十分使えると思います。

それからもうひとつの使いみちは mini Borgクラスの望遠鏡や望遠レンズでオートガイドをすること。

Img_0437

かなり余裕があります。バランスウェイトもついてきたものでなく、ビクセンのGP2用のもの1個で足ります。遠征時に荷物が少なくなるのは助かります。この赤道儀はGP2のクローンのようですね。バランスウェイトとか三脚は互換性があるらしいです。残念ながら、極軸望遠鏡はついてきませんでした。後で買おうと思います。 PoleMasterにしようかとも考えていますが、短焦点ガイドや眼視、月惑星撮影なので準備が簡単な極軸望遠鏡方式にしようと思っています。

ファーストライトで木星でも撮ろうと思ったら、暗くなったころは厚い雲でした。せっかく温度順応までしたのに。明日以降ですね。

しかし軽い。三脚に赤道儀本体、ウェイトを付けたままでも持ち運べます。職場ではこんな風に保管しようと思います。

Img_0438

ちょっと見、他の人には買ったこと、気が付かれないかもしれません。

| | コメント (5)

2017年5月14日 (日)

物星台に載せるモノ

物星台竣工はまだ先になります。今は外壁塗装待ち。今週は玄関ドア取り替えです。

物星台に載せる赤道儀を物色していました。とりあえずEQ6PROのピラーでもと思ってオークションを探していましたらなんと、EQ6PROのピラーにSEⅡを乗っけたものが出品されていました。SEⅡの中古相場は7~8万円でしょうか。ピラーは新品でも4万円くらいですので、これくらいの値段で買えれば3~4万円でSEⅡも一緒に手に入ることになります。これは渡りに船とばかり、入札に参加してみました。しかし価格が上がる上がる、どんなに高くても欲しい人がいるらしく、結局14万円で終了してしまいました。たとえピラー付きだったとしても高すぎ。もう2万円出せば三脚仕様の新品が買えます。EQ6PROの中古と新品ピラーでもいいかもしれません。あまり相場を知らない人が熱くなってしまったのでしょうか。

これだけ上がってしまうと落とせなくて残念というより清々しいです。でも欲しいとなると居ても立ってもいられない性格です。別のものを探しました。EQ6PROのピラーって新品でも安いんですね。ヨドバシの溜まっているポイントで負担ゼロでも買えます。でも考えるとピラーだけあっても重い本体を職場と家の間で持ち運ぶのは大変。稼働率はそうとう下がるでしょう。そうしたらなんと、前から狙っていて一度買い損ねた中古赤道儀が某ショップで安く販売されているのを見つけました。即注文のメールを入れ、今日入金しました。あさってには届く予定。

こんなものです。

Image_3

皆さんにとってはな~んだ、というものだと思います。でもちょうどこのクラスのが欲しかった。あまりユーザーがいなくてレビュー記事もないので半分バクチです。でも天文機材はリセールバリューがいいので駄目ならまた売りに出せばいいや、と気楽な気持ちで買ってしまいました。あさってのお楽しみです。

| | コメント (0)

2017年5月12日 (金)

夜の藤

期間限定で夜間開放している北方文化博物館へ藤棚のライトアップを見に行ってきました。

Img_1523

夕暮れにほの明るく光るライトはホタルを見に行くときの雰囲気で気分が高まります。

平日だというのにすごい人

Img_1528

ここはなんどか来ていますが、こんなに人がいるのは初めてです。夜店もあって縁日みたいです。

1本の木からこれだけの花が咲いているというのですからすごいです。

Img_1531

ただ、女房曰く、ライトアップがヘタ、だそうです。確かに見た瞬間ちょっと違う感がありました。ライトアップというからには下から上に照らせばいいものをちょっと上から横に向けて照らしている感じ。下から見るとちょっと暗い。まあ、それが風情があるのかもしれませんが。

しかしカメラの放列がすごいでした。みんな三脚に高級一眼付けて狙っています。それからスマホ撮影。私のようなコンデジの人ってあまりいませんでした。。

Img_1538

女房はお目当てだった藤饅頭も売り切れで買えず、がっかりしてました。私は藤は昼間のほうがいいです。一度昼間にも来たことがありましたが、青空に映えてきれいでした。ライトアップに向くものとそうでないものがあると思うのですけど。なんでもかんでもライトアップって、どうなんでしょうね。

| | コメント (2)

2017年5月10日 (水)

物星台製作計画

我が家でバルコニー付きカーポート製作計画が進んでいます。

Img_1514

生涯もうないであろう、大規模リフォームが我が家で始まりました。とはいえ、外観だけですが。間もなく築後30年を迎え、老朽化が激しい折、老夫婦の終の棲家としてまだまだ頑張ってもらいたいため、少し投資をすることにしました。

そんなとき、カーポートも作りたい、と女房が言い出し、どうせなら上にバルコニー作っていいよ、ということになりました。前々から駐車場の上で星見が出来るようにしたいなー、とは言っていたのですが、なに寝ぼけてんだか、とか言って取り合ってくれませんでした。実は女房も洗濯物や布団を気兼ねなく干せる場所はあればいいとか思っていたようで、利害関係が一致したため誰が反対することもなく即決まりました。

問題はどこで作ってもらうかでした。外観を頼んだリフォーム屋さんはメーカー製の出来合いを提案してきました。しかし寸法が決まっているので我が家の駐車場には無理。何より高い。こういうとき女房の検索力は大したもので、こういうのオーダーで作ってくれる業者を見つけ出しました。日本広しといえど、そこ以外なかったのですが、そこがなんと長岡市。日本全国から注文を受けているらしく、忙しそうでしたが県内ということで早速打ち合わせに来ていただき、先日契約となりました。

結構天体観測に使いたいという要望も多いらしいです。女房は年取ってから危ない目をして遠くまで星見に行かれるよりは、家で安全に見てもらいたい、という思いもあったようです。まあ、光害地ですし月惑星に限られますが、いつでも気兼ねなく望遠鏡出せるようになるというのはうれしいです。昼間は物干し台、夜は物星台として活用します。夏頃竣工予定。ビール片手にのんびり夏の夜空を楽しみたいです。

| | コメント (14)

«私のGW