2021年4月13日 (火)

まゆ銀河

週末の晴天2日目の日曜日、撮ったのはこれでした。NGC4490まゆ銀河

202004111

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、ASI183MM Pro(約-15℃)、NINA、L(GAIN200 450秒×12枚 ビニング2)、RGB(GAIN250 450秒×4枚 ビニング2)、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M、PHD2 Guiding、ステライメージ9、FlatAide Pro、Photoshop CS6で画像処理、ダーク・フラットあり

何撮ろうかと思い、子午線を超えたばかりのところにあって、明け方まで電線にかからないこれを選びました。初めて撮りましたが特異な形ですね。赤い領域もあるみたいですが、Hαを撮らなかったのであんまり目立ちません。

シーケンスを仕掛けて寝ました。明け方起きてパソコンを見ると、えっ?進捗していない。もしかして水の泡・・・がっかりして布団に潜り込んで二度寝しようと思いましたが、ショックでなかなか寝付けません。でも寝ましたが。L画像1枚撮れていたのは確認したので、 それだけでもと思い、画像フォルダを見たら、全部入っているではないですか。私がシーケンス画面を見て、終了していたのをただ勘違いしていただけでした。ガイドも完璧だし、成功です。やっぱり電車が通らないと安心です。ガイドの失敗がほぼありません。自動化の大きな恩恵です。これからはこのスタイルで行こうかと思います。

| | コメント (1)

2021年4月12日 (月)

NINAで自動撮影

この週末はよく晴れました。まずは土曜日に軽く撮影してみました。NINAを使っていろいろ試しています。とりあえず短いminiBORG 60EDでしし座トリオを撮ってみました。シーケンスの子午線超えでどういう挙動をするかみてみたかったのですが、反転しませんでした。しかし、したところで継続してガイドを続けるものでしょうか。フレーミングを合わせてオートガイダーも初めてくれるなんてことはありえない。追尾を止めるか、反転までしたところで止まって、あとは人間が合わせて継続、なのではないかと思います。違っていたらご指摘ください。私のシステムは子午線超えても3時間くらいはぶつかることはないので、あえて子午線超えで止める必要はないと思っています。

しかし、シーケンスは便利です。LRGBHαのフォルター切り替えて、ゲインとか替えて撮るプログラムを組んで寝ました。終わりは薄明前の3時半頃の予定。明るくなりかけた頃、目が覚めて見たらバッチリすべて成功していました。

202104101_20210413122901

miniBorg 60ED+1.4倍テレコンバータ(約490mm)、 ASI183MM Pro(約-15℃)、NINA、L(GAIN200 450秒×15枚 ビニング2、ディザリング)、RGBHα各(GAIN250 450秒×2枚 ビニング2)、EQ6PRO、TOAGでオフアキ、ガイドカメラQHY5III178M、PHD2 Guiding、ステライメージ9、FlatAide Pro、Photoshop CS6で画像処理

初めてディザガイドをしてみました。RにHαを20%加重コンポジット、LにHαを加算しています。なかなか色がうまく出ないのは画像処理がヘタだからです。RBGHαが少なすぎるので荒れています。もっと撮りたかったですが、子午線超えてから初めて明るくなるまでの短時間でしたので枚数稼げませんでした。子午線越える前から始めるか、2晩必要ですね。しかし自動撮影始めてしまえばあとは寝ていてもいいなんて快適です。うちは最終電車が過ぎて、光害も少なくなる0時過ぎからが本番なのでこれは助かります。もっと早く導入すればよかったです。

| | コメント (2)

2021年4月 7日 (水)

駐ロケット場

夜の散歩の途中にこんなものが。駐車場にトラックに並んでロケットが停まっています。ここの駐車場はロケットも契約しているのでしょうか。

Img_0335

今までも私もブログに何度も登場していますので、昔からの方はわかると思います。うちの職場近くの空き地に放置してある本物のロケットです。うちの職場の建物の家主さんが道楽で所有しているものらしいです。初め見た時は感激しましたが、もう普通の風景になっています。

夜の散歩がてら夜桜を見に行きましたが、毎年行っていて、写真もマンネリなので一枚も撮りませんでした。よく晴れていたので西の空を撮ってみました。飛行機の上に見慣れない星が。初めなんだろうと思いました。もしかしたら新星・・・んなわけないです。火星でした。もうすっかり存在忘れていました。これだけ暗くなるともう恒星と区別つきません。

Img_0336

田舎なんですけど結構明るいです。向こうにはゴルフ場や運動公園などがあって光源がいっぱいです。私の家はもっと市街地よりですが、海に近いせいか西から北はもしかしたらここよりもいいかもしれません。田舎だからといって暗いわけではないのですね。

| | コメント (0)

2021年4月 6日 (火)

昔むかし・・・

私がよく来るプライベート桜の場所はこんなところ

Img_0329

桜の隣が神社になっています。あの先は細い農道ですが、夜に車が通ることはまずありません。西が開けてロケーションもいいので、西の空のイベントものの時にはよくここで撮影します。今まで何年も通っていて知らなかったのですが、この神社には云われがあったことに今日気づきました。「生き地蔵」というものが祀られてあるのです。

Img_0331

帰って地元の図書館で調べてみたら載っていました。昔むかし、悪事を働く浪人がここに住み着いたので、村人は一致団結して戦い、その最中に浪人が切りつけたお地蔵さまから血が流れたのに驚き、それで改心した、というお話です。お地蔵さまには刀傷はありましたが、年月による風化で今はその跡がはっきりしないということです。知ってしまったらちょっと怖い話ですが、まあ今までなにもなかったし、これからもたぶん通うんだと思います。

| | コメント (4)

2021年4月 5日 (月)

プライベート桜

職場から車で5分ほどのところに星景にいい感じの桜の木があります。昔なら村はずれの鎮守様といった風情のところです。行き止まりなのでこの時間は誰も通りません。道の真ん中で撮影ができます。

202104051_20210406105201

近くの住宅の灯りに照らされてほどよくライトアップされています。数年前から毎年来ていますが、最初の頃より大きくなりました。

202104052

難点は結構光害があること。旧巻町や運動公園の灯りだと思います。田舎町ですが、こうしてみるとかなり明るいです。1番目の写真はちょうど桜の木に隠れて逆にそれが桜を浮き立たせていい感じなのですが。

202104053

木は2〜3本しかないのですが、枝振りがいいし、ロケーションもいいので自分のプライベート桜と勝手に思っています。かなりお気に入りの場所です。

| | コメント (0)

2021年4月 4日 (日)

夜桜を見に

世は自粛モードですが、やっぱり桜くらいは見たいですよね。新潟は東京などと比べ、桜の下で宴会をする習慣はあまりないので、花見すること自身はそんなに白い目で見られることはありません。ただ、夜店が出ていないのはちょっと寂しいです。食べ歩きはダメなんでしょうね。いつもは夜店も楽しみですが、今年はそれはないので阿賀野市の瓢湖に行ってみました。去年も来てみましたが、ライトアップすらありませんでした。でも今年はライトアップあり。

Img_0309

ここのライトアップはきれいです。照明の当て方がうまいんですかね。色もきれいで幻想的です。規模は小さいですが楽しめます。

湖に白鳥のオブジェが。

Img_0311

と思ったら動いています。本物の白鳥です。シベリアに帰り損ねたんですかね。

ライトアップが終わったあたりにこんな風景が。

Img_0308

前も撮ったことがありますが、ここからの星景がなかなか美しいです。あれが桜の木だったらいいんですけど。家族と一緒に来ているので露出は5分限定。もう少し長く撮りたかったですが仕方ありません。まあ、来ようと思えばいつでも来れます。昼は雲が多めで、予報もよくなかったのですが、ここだけほぼ快晴でした。桜はもう終盤ですが、晴れればもう少し桜星景撮りに行きたいです。

| | コメント (0)

2021年4月 2日 (金)

プレートソルブが便利すぎる

最近NINAを勉強しています。昨日も晴れたのでいろいろやってみました。いきなり長焦点は難しいのでとりあえずminiBORGの500mmくらいでやっています。最大の関心事はプレートソルブ。なんでも適当に大体そのあたり向いていれば自動的に導入してくれるというやつです。赤道儀のアライメントとかいいのか、と思いましたがまあやってみます。対象のデータベースからM51を選び導入。これは構図確認用に画像データベースからダウンロードして構図を取ったところです。中心のマーカーが望遠鏡が向いている・・・と思っているところ。

1

大体そのあたりに向きますが、大きく狂っています。確認用にテスト撮影しますが導入されていません。ここでプレートソルブの出番です。実行すると自分がどこ向いているか認識したようです。そこで同期をします。試し撮りすると、おお、M51が導入されたではないですか。

2

まだ少しずれています。何度か修正を加えると。

3

ほぼ真ん中にきます。最終的には視野枠をずらしながら星図画面と試し撮り画像が同じになるようにします。

では、撮影をしてみます。

202104012

miniBORG 60ED+1.4倍エクステンダー 490mm、ASI183MM ProでLRGB合成です。テストなので詳しいデータ省略。う〜ん、ちょっと真ん中から外れましたが、初めてなのでまあいいことにします。まだ動きを完全に理解したわけではありません。試行錯誤でとりあえずできたくらいです。ネットにもまだあまり情報がないのでしばらくは手探りが続きそうです。

シーケンスを登録して自動撮影もしてみました。これは便利です。やる前はとっつきにくそうでしたが、やってみれば簡単でした。今まではフィルター毎に自分で変えて撮影していましたが、フィルターも自動で交換してくれます。ですので、撮影始めれば終わるまでなにもしなくていいです。これは楽。これなら最終電車が通過した夜中に撮影仕掛けて、そのまま寝てしまっても勝手に撮影してくれます。でもなにかの原因でガイド星を見失って失敗したらどうなるのでしょう。人間がみていればそこで中断して新たに撮り直しができますが、この場合はどうなのか。そこだけが心配ですが、まあ次の機会にやってみます。使いこなせればすごく省力化になります。楽すぎてどうしましょう。

| | コメント (4)

2021年4月 1日 (木)

菜の花はまだ

テレビだったか、ラジオだったかで上堰潟公園の菜の花が満開というので見に行ってみました。仕事が終わってその帰り。しかし駐車場が満杯。道路脇の草むらにも車が。平日なのにこの混み様はなんなのでしょう。花を見にくるという層というのは平日仕事がないリタイア組ということですかね。休日ってどんだけ混むのでしょう。車を停めるの面倒くさそうなので素通りして帰りました。私は夜でもいいんです。

で、夜に再び来てみました。さすがに駐車場はガラガラ。とはいえそれなりに車は停まっています。星目当ての人もいるということなんですかね。ここは桜はそんなにいいロケーションでないです。桜以外の木も多いので写真的に美しくないです。菜の花畑は広いので結構いい構図が取れます。しかし満開ではないです。騙されました。菜の花は例年4月中旬からGWくらいまでが見頃だったと思います。菜の花星景はそれまで待とうと思います。

一応一枚撮ってみました。

20210401_20210406105301

桜は端にちょびっと、菜の花も寂しいです。一緒の構図は難しいです。今年は開花が早かったのでオリオンが高いです。これもまた新鮮です。

| | コメント (0)

エイプリルフール、ネタがなし

今年は本当にネタが思い浮かびませんでした。いつもは2週間くらい前からネタ探しに頭を巡られるのですが、なんだか例年になく忙しく、余裕がありませんでした。そうしているうちに月末。それでこんな記事にしたわけです。

「今年で最後・・・」というからにはこれもネタということになります。ですので、この記事はウソ。来年はやることになります。しかし「今年で最後のネタ」というのもウソになり、「今年で最後」は本当になってしまいます・・・あれ?一体どっちが本当なんでしょうね。なんだかうまく説明できませんが、要するに来年はどうなるかわからない、ということです。どっちになるかは来年までお待ちください。


今日は4月1日、エイプリルフールですね。

今年はネタがありません。考えつきませんでした。もう歳なので頭が固くなったようです。エイプリルフールネタは今年で最後にしようと思います。今までおつきあいただきありがとうございました。

Hawaii_maunakea

| | コメント (6)

平和な一日

年度末最後の日です。今年はどういうわけか例年になく忙しく、昨日までバタバタしていました。ようやく今日、今年度最後の仕事を終え、ちょっと自由に動き回りました。

仁箇堤は桜も七部咲きでしょうか。近くの上堰潟公園は車も大混雑でしたが、ここはあまり知られていないのか、人もまばら。私はこっちの方が好きです。

Img_0260_r

この後は近くの水芭蕉自生地へ

Img_0264_r

ちょうど見頃です。いい個体もありそうですが、そういうのを見つけるのが苦手です。行ったときは私だけでしたが、後から数人のグループが。新聞にも毎年載りますし、もっとたくさん人が来てもよさそうなのですが、なぜか詳しい場所は非公開らしくひっそりと咲いています。

この後は納品がてら、その近くの旧税関跡へ

Img_0275_r

ここも桜がきれいに咲いています。子供連れとか散策の人でほのぼのする光景です。

さらに県民会館前へ

Img_0281_r

たくさんの人が花見がてら歩いています。今日新潟県は過去タイ記録となる新型コロナ陽性者が発表されました。でもこれ以上どうしろと。引きこもり続けるわけにはいかないし、対策しながら日常暮らすしかないですよね。

夜は再び仁箇堤へ

20210331

昨日の黄砂とは打って変わっていい透明度。今年の桜星景第一号です。先客がいらっしゃいました。ここも桜星景ポイントとしては隠れた名所です。ライトアップしていましたが、私に気を遣ってか、私が撮影している最中はライトアップ控えていました。一枚だけ撮って引き上げました。

明日から新年度です。私はなにかが変わるわけではありませんが、なんとなく節目を迎える気分です。

| | コメント (0)

«黄砂来る