2019年1月15日 (火)

46Pはどこへ行った

予報通りというか、思いがけずというか、14日夜は快晴になりました。

これも予報通り、夕方までは曇りでしたが、21時頃から快晴。ほとんど諦めていたのですが、本当に久しぶりなのでそそくさと機材をセットしました。月もあるし、撮る対象もないのですが、まだ撮れるかもしれないウィルタネン彗星46Pにカメラを向けました。しかし写らない。導入は間違っていないはずです。46P以外の対象はバッチリ中央に入るのに、46Pだけが写らない。セッティングが悪いのか、ステラナビの位置情報が違うのか、暗すぎて写らないのか・・・2時間くらいあれこれやってみましたがだめです。たかだか300mmのレンズですので余裕で入るはずです。時間も1時を周り、レンズにも霜が降りてきたので諦めました。成果ゼロです。晴れた証拠としてG7Xで1枚。

Img_2828_2

ステラナビが示す位置にはそれらしいものは見えません。どうやら本当に暗くなって簡単には写らなくなったのかもしれません。そういえば他の方のブログにももうあまり載らなくなりました。もう46Pシーズンは終わりなんでしょう。次に撮るときは春の銀河祭りですかね。

| | コメント (8)

2019年1月10日 (木)

日食と彩雲

しばらくネタもありそうにないので、この間の日食の合間に撮ったスナップを開いてみました。

201901062

10:22頃、PowerShop G7X

かなり強調入っていますが、こんな感じで雲フィルターを通した日食と彩雲のコラボが撮れていました。でも肉眼で見た感じもこんなだったと思います。彩雲は30分くらい前の時がもっとよく見えていたと思います。その時はコンデジ持ってきていなくて、家まで走って取りにいったらもう太陽は雲に隠れていました。手に持っていたのに、靴を履くときにちょっと下駄箱の上に置いたらそのまま忘れてしまいました。こういうこと、よくあります。ボケてきたかな・・・

| | コメント (2)

2019年1月 6日 (日)

日本海側を見捨てず

今日は3年ぶりの部分日食でした。とはいえ、前回は全く見られませんでしたので、金環日食以来の7年ぶりです。その前は10年前の2009年。部分日食は記憶的には結構見ているような気がします。でも写真はそんなに多くありません。案外全経過見たことなんて数えるほどなのかもしれません。

昨日は一日中曇りで天気予報見ても日本海側はほぼ絶望的でした。しかし夜、空を見上げてみたら快晴とまでは行きませんが、結構晴れています。もしかしたら日食大丈夫かも、という期待が広がってきました。さて、起きてみると期待通り結構いい天気。これはいけそう。機材は昨日のうちに準備しておきました。うちからはお隣の家に遮られて見えません。私が借りている駐車場は高台になっていて、ほぼ全天見渡せます。それに駐車エリアが決まっていないので、好きな場所に停められます。撮影に一番適した場所に移動し、車から機材を出します。だだっ広い上に私とうちの子供の車以外ほとんど契約車がいないみたいなので出入りする車もなく、日食撮影には天国みたいなところです。

肝心の日食はというと、欠け初めの時間は雲に隠れて見られませんでした。ちょっとたってから雲間から見ることができました。

0858

miniBorg 60ED+1.4倍テレコンバータ(実質490mm)、EOS 60D、Baader アストロソーラーフィルム、CD-1でガイド

朝方は快晴に近かったくらいですが、厚い雲が出てきました。しばらく中断しましたが、その雲も行ってしまい、再び太陽が顔をだしました。

0914

雲も切れたし、さらに2倍テレプラスを追加して980mmにしました。ノートリミングです。

このあと雲に入ったり出たりしながら日食は進んでいきます。最大時は厚い雲に覆われ見ることができませんでした。しかし彩雲っぽいものが見られたり、雲フィルターで裸眼でも見えたし、結構楽しめました。

最も最大に近かった時間です。雲の合間です。

1017

最大を過ぎたら比較的雲は少なくなりました。ただ、上空雪が飛んでいるようで空が白んでいます。コントラストは悪かったです。

終わる少し前です。

1133

終わりの瞬間は厚い雲のなかでした。北から西にかけては雲が少なくクリアな青空でした。もう少しそっちに行けばよく見えたのかもしれません。

雲が多いながらも1月の日本海側でこれだけ見られたというのは非常にラッキーと言わざるを得ません。神様は重要な天文イベントに日本海側を見捨てなかったようです。だったら去年の皆既月食はどうなんだよー、と言いたいところなのですが。

全コマをまとめてみました。面倒なので時間とかの表記はなし。ただ撮ったものをすべてサムネイルにしてキャプチャしただけです。すみません、手抜きで・・・

20190106

| | コメント (6)

2019年1月 2日 (水)

3年ぶりの初日の出

新聞の予報では新潟県は絶望的、とか書いてあった初日の出ですが、案外あてにならないので6時半に目覚ましをかけて寝ました。目覚ましより5分早くトイレに起きてしまい、外を見たら下弦過ぎの月と金星がきれいです。しかし日の出の方角は雲。日の出はだめでも月でも撮るかと、着替えて外に出たら月は雲に覆われていました。

日の出の15分前です。

Img_2737

そこそこ晴れ間はあるのですが、低空は雲です。せっかくなので雲から出た太陽でも初日の出になるだろうと待つことにしました。

日の出を迎えた頃の時間です。雲に覆われたままです。

Img_2740

しかし10分もすると日が高くなり、雲もだんだん少なくなって太陽が顔を覗かせました。これを初日の出と認定。ハッピーニューイヤー。

Img_2748

さらに10分くらいすると低空の雲もなくなり、もう20分早ければあの雲のスリットから初日の出が拝めたのでした。

Img_2763

私のところからはちょうど阿賀野川で谷状になっている山と山の間に初日の出が登ります。99.99%雲りだったとしてもその方面わずかに隙間があれば初日の出が拝めるのです。さらに10分後、まさに絵に描いたようなそんな空になりました。全天雲に覆われ、雪まで降ってきたのに、あの方角だけ太陽1個分くらいの晴れ間がありました。そんな天気での初日の出、見たかった。もう30分早ければね。なにはともあれ、今年は晴れますように。

| | コメント (6)

2019年1月 1日 (火)

今年も亥~年になりますように

みなさん、2019年そして平成最後の年、あけましておめでとうございます。

さて、恒例の干支にちなんだ天体ですが、イノシシというのはどうも見当たりません。シシにちなんでしし座というのもちょっと違う気がします。独断ですが、私はこれじゃないかと思うのですよね。俗に言うカリフォルニア星雲。昔から思っていたのですが、そもそもカリフォルニア州の形がわからないのでいまいちピンときませんでした。これはイノシシじゃね?私の中ではこれをイノシシ星雲と読んでいます。

Inosisi

どうですか?そう見れば見えないこともないと思いませんか?今年も息子に頼んで描いてもらいました。走り回る感を出せとかいろいろ注文つけていくつか描いてもらい、これを採用。相変わらずのヘタウマです(褒めています)。

新潟は年末年始と北風が寒い日が続いています。新月期なのになんにも撮れません。6日の新月は部分日食です。松の内の天文現象をものにして景気付けたいものです。

今年もい~年になりますように

| | コメント (14)

2018年12月31日 (月)

2018年ベストオブショット

今年の成果を振り返ってみました。本当に少ないです。まず星景が少ないです。これは私のモチベーションが下がったのもあります。特に天体写真に通じていなくても、カメラ向ければ誰でも写せちゃうし、風景写真の一ジャンルになっちゃいましたね。。それと、雲一つない快晴がほぼなかったこと。フォトコンの作品見ても結構雲混じりのものがたくさんありました。中にはそれを逆手に撮ったような作品もありましたから、全国的に晴れなかったのでしょうね。

遠征はというと、いつものホーム撮影地である早出に行ったのはたったの1回だけ。それも機材調整ミスで成果なしでした。ほかも数えるほど。この1年で最も遠征らしい遠征は11月の道院でしょうか。ここにコメントいただく皆さんにもお会いできたし、楽しい一日でした。そんなことで、今年のベストショットはその道院で撮ったこれにしたいと思います。

201811031

天気に恵まれない1年で珍しく快晴の一夜でした。数年撮っていなかった対日照が久々に撮れました。来年はこんな晴天にたくさん出会えるとの思いもこめて、これを今年のベストショットにしました。

ではみなさん、よいお年を。来年もよろしくお願いします。

| | コメント (6)

2018年12月28日 (金)

空への興味

久しぶりに本を買ってみました。

Img_0875

気象現象や大気光学現象に興味があるのですが、知識はありません。面白い現象を見てもそれがどういう名前かわかりません。ネット探せばいろいろ出てくるのでしょうが、やっぱりじっくりと勉強するには本ですね。この間本屋さんをぶらぶらしていたらたまたま見つけました。手にとって中を開いたら私が知りたかった現象がいろいろと書いてあります。最近は本はほとんど買いません。ネットで情報を調べるか、図書館で借りるかでした。たまには買ってみるのもいいだろうと、珍しくリアル店舗で買ってみました。今日買ったばかりでまだ読んでいません。年末年始にゆっくり読みます。と、毎年思って仕事納めの日に図書館でなにか本を借りるのですが、案外暇な時間ってなく、結局読まないなんてことも多かったです。これもそうなるのかもしれません。あるだけで安心して最後まで読むことはほとんどないです。そういえばこの間買った天文年鑑もまだ袋から出してもいません。これこそ揃えるのが目的みたいで実際に読むことってほとんどないです。まあ、ほぼ数字だけの本ですからね。

| | コメント (4)

2018年12月24日 (月)

月夜の46P

全然晴れず、更新ネタもありません。毎日テレビとか録りためたビデオとか、ネット動画観てムダに過ごしています。今日もBSのバックトゥーザフューチャー3を観てました。何度目だろう。終わってからなにげに外を見たら晴れています。月もありますが、天頂あたりはきれいに雲がありません。ウィルタネン彗星がいるはずなのですが、双眼鏡では見えず。かといってこれから機材出すのも面倒なので超適当にコンデジで撮ってみました。

Img_2733

PowerShot G7X、ISO125、F2.0、50秒、マニュアル撮影、強トリミング。

こんな日ですから写ればいいや、とかなり適当です。もう少しいろいろ露出を変えたりして撮ろうかと思ったらバッテリー切れ。30分くらい充電して空を見たらもう曇っています。明日晴れるかとちょっとだけ期待していましたがだめっぽいです。たぶん今年最後でしょう。

| | コメント (8)

2018年12月19日 (水)

訪問者

今日仕事に出かけようと職場のガレージに入ったら、こんなかたがいました。

20181219

あなたは誰ですか?

全く逃げようとしません。カメラを向けて3mくらいまで近づきましたが、こっちをガン見しています。何という鳥でしょう。猛禽類には違いないらしいので襲われるもの怖くて近くによれませんでした。まだ子供のようです。外は強風と大雨でしたので多分避難して迷い込んできたのだと思います。野生の鳥って人間が手を出しては行けないんですよね。たとえ保護しようとしても・・・まあ、これは同僚の車で私のではないので、このあと出かけてしまいましたが、彼はその後どうしたのでしょう。雨が止んで出ていったのでしょうか。同僚が帰る時までいたとしたらさぞびっくりしたでしょう。明日聞いてみます。

| | コメント (8)

2018年12月15日 (土)

年金生活者になりました

昨日の14日、私に初めての年金が振り込まれました。とうとう私も年金生活者です。もう10年も前からこの日が来るのを指折り数えていました。仕事をしたくないときがあっても、あと何年・・・と心の支えとして生きてきました。ずいぶん先のことだと思っていましたが、その日が来てみるとあっけないものです。2035年の皆既日食とか、寿命が尽きるときもこんなこと思うのかもしれません。

ウィルタネン彗星が空を賑わせています。大彗星とはいえませんが、最近肉眼彗星が現れていなかったのでそこそこ楽しめています。42年前には世紀の大彗星、ウエスト彗星が来ていましたね。

19760408

これは1976年4月8日です。3月にはマイナス等級まで増光して立派な尾にお目にかかれました。そのあと急激に減光して、このときはもう4等級以下です。明るさで言えば今のウィルタネン彗星と大体同じです。しかし見栄えとしてはウィルタネン彗星が上ですね。

このときは大学1年と2年の間の春休み。42年後なんて想像もできない未来でした。でもいま振り返るとあっけなく過ぎてしまった感じです。いいこともいやなこともいろいろあった人生ですが、もう一度やり直したいですか、と言われたら御免こうむります。年金もらえたからって、これだけで食べていけるはずもないので、まだ働いています。生活が変わったわけではありませんが、なんとなく節目を迎えた気分です。

| | コメント (6)

«新潟で46P