2019年9月22日 (日)

解散式

まったくの日記です。いつ何があったかをあとで思い起こせるように自分のために書き連ねておきます。興味のないかたは読み飛ばしてください。

昨日21日はまるひ家の解散式を行いました。来月長男、再来月が次男と立て続けに結婚してそれぞれに所帯を持つからです。この日が子供が独身のうちに全員そろう最後の日。そんなわけで奮発してご馳走しました。

ロブスターを通販で買いました。

Img_3185

我が家は6人なので6尾。迫力あります。元気良く動いています。私こういうのだめです。子供が掴んで鍋に入れてくれました。

20分後

Img_3186

茹で上がったロブスター君。美味しくいただきました。

このあと物星台で二次会。雨が降ってきたので中に入り記念品贈呈式。その後休憩を挟んで三次会。私も飲みすぎたようです。三次会の時次男から衝撃の告白。実は前日すでに入籍したそうです。ということは正確には子供全員独身最後の食事会ではなかったことになります。まあいいやおめでたいことですから。先週は姪の結婚式もありました。9〜11月連続で結婚式です。最後に結婚式出たのは25年前だったのに、ここにきていきなり増えてきました。おめでたいけどお金もかかります・・・

 

| | コメント (0)

2019年9月21日 (土)

こんなところに月見草

土曜日は特に用事がなければ職場に行きます。とはいえ、基本的に外出することはなく、職場内で雑用や機材の手入れなどしてのんびり過ごします。自分一人なので気兼ねがなく心地よいです。お昼は近所のスーパーまで散歩がてら昼食を買いに行くのですが、その道すがらこんなものが。

Kc4d0009

これは月見草?とてもよく似ています。花の形も葉の形も蕾の形も似ています。違うところと言えば、月見草は夕方白い花が咲いて、明け方にかけ、ピンクからだんだん赤に変わり、翌日の昼にはもうしぼんでしまいます。しかしこれは昼間なのに咲き誇っています。月見草ではないのか。月見草でググってみたらすぐに出てきました。ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)です。月見草と同じマツヨイグサの仲間。どうりでよく似ているはず。雑草のごとく咲いていますが、とても丈夫なんだとか。ほかにも咲いているかと思って注意して歩いてみましたが、ここだけです。毎週通るので種ができたら採って育ててみます。近所の空き地に植えて、家の周り繁殖したらちょっとうれしいかも。

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

AZ-GTi導入記~その7~

AZ-GTiをステラナビゲータで動かしてみました。

SynScanでの操作はそれはそれで便利なのですが、ちょっとマイナーな対象を導入しようと思うとメシエもしくはNGC番号を調べ、それを打ち込まなければなりません。10cm反射で光害地で楽しめる天体って散開星団くらいなんですよね。しかしSynScanではどれが散開星団かなんてわからない。ステラナビゲータならマークすれば一目瞭然です。AZ-GTiをステラナビゲータで動かしたというブログがどこかにあったはず。検索してみたらありました。ふむふむ、まずASCOM入れるんですね。ASCOMプラットフォームはすでに入っています。ASCOM Driver for SynScanがSky-Watcherのサイトにありました。これはただダウンロードして実行するだけ。組み込まれたようです。ステラナビゲータを起動して望遠鏡コントロールを開く。ASCOMを選択するとChooseメニューにSynScanMobile Telescopeがありますのでそれを選択します。これで繋がると思いきや、そうでないのでわかりやすく箇条書きします。

Synscan

  1. ステラナビゲータを開く前にあらかじめSynScanでアライメントしておく
  2. SynScanのユーティリティより、恒星時追尾をONにしておく
  3. ステラナビゲータを起動し望遠鏡コントロールからASCOM→SynScanMobile Telescopeを選ぶ
  4. Propertiesを開いて、SynScan側のIPアドレスをセットする
  5. 順次OKを押してウィンドウを閉じて接続する

これで望遠鏡コントロールパネルから導入操作ができるようになります。ちゃんとどこ向いているのかの位置表示もするし、同期もできるみたいなので導入精度が上がりそうです。パソコンをリモートアクセスできるようにすれば家の中から電観観望もできるわけですね。ただの観望のためにめんどくさい赤道儀の設置しなくてもいいのは助かります。厳冬期でもコタツでぬくぬく星雲星団巡りができるかもしれないですね。

| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

究極の単眼鏡

こんな物が我が家に届きました。

Img_3179

とはいっても私のものではありません。息子が買いました。単眼鏡です。それも五藤光学。五藤光学といえば我々は昔の天体望遠鏡とかプラネタリウムを思い出しますが、こんなコンシューマなものを作っているなんて思っていませんでした。なんでこんなレアなもの、マニアでもない息子がチョイスしたかというと、ちょっと長くなります。数年前に私が胎内星まつりで買ったジャンクの500円の単眼鏡をえらくうらやましがって、自分でも欲しいといって今回の星まつりに付いてきました。私が買ったのと同じ単眼鏡もありましたが、3,000円。ジャンクにしては高い。探しているうちに息子もだんだん欲が出てきて、せっかく買うのなら一生物を買おうと値段よりも見え具合を調べ始めました。候補に挙がったのがビクセンの30,000円くらいのと、これ。しかし、見え具合を比べると断然こっちがいい、とのことで物欲を抑えきれなかったようです。ブースの人に買えないか、と聞いたのですが、展示品しかないとのこと。どこで買えるのかと聞いたらアマゾンのみらしいです。ヨドバシとか量販店で買えないこともレアさを物語っています。会場で買うのは諦めカタログだけもらって帰りました。家に帰ってアマゾン見たら、在庫切れで買えません。で、待つこと半月でやっと買えて今日来たようです。満月を観させてもらいました。圧倒的にクリアです。視界も広いし、色収差も感じられません。双眼鏡でこのレベルなら5万円超えでしょうね。しかし、ここまでお金かけるのなら双眼鏡にすればいいじゃん、といったら手軽に持ち運びたいんだと。そういう堅いポリシーを持った、言い方を変えれば偏屈な我が息子であります。

| | コメント (6)

2019年9月13日 (金)

お月見

今日は中秋の名月。我が家はお月見をしました。ススキは昨日のうちに仕事帰りに川の土手から採ってきました。うちは・・・と言っても私くらいなのですが、こういう年中行事が好きでほぼ欠かしません。

物星台にお供え物をしました。

Img_3177

今年は月見草も。スーパーで買ったお団子も供えました。家族もいっしょに眺めていました。スマホで一生懸命写真撮っていましたから、きっとSNSにでも上げるんでしょう。こんなことやる家なんて今は少ないでしょうから、案外ウケているかも。

中秋の名月は結構晴天率いいような気がしています。しかし今年は近年まれにみる素晴らしい快晴。透明度も高く月が本当にきれいです。

お月見のあと、せっかくなのでHD800を上げて写真撮ってみました。

Img_9393

全くのJPEG撮って出し。解像度以外なんにもいじっていません。トリミングもしていません。月といえどもいくらか色調とかコントラストとかいじらないときれいにならないのですが、今日の月はすっぴん。この時期の月を愛でるという昔の日本人の感性って素晴らしいですね。とはいえ、なぜ満月期に晴れるんだー、とちょっと恨み節をつぶやくのも星屋の性ですね。

| | コメント (2)

2019年9月10日 (火)

藁アート星景2019

星景からずいぶん遠ざかっている気がします。遠征時の撮影の合間に撮ることはありますが、カメラ担いでちょっとそこまで、という気楽な星景撮影はしばらくしていません。このところなんだか空を見上げる余裕がありません。公私で常に懸案事項が渦巻いているので晴れていても気持ちが乗りません。これじゃいかん、とリハビリすべく、ちょっと近くまでカメラ担いででかけました。

上堰潟公園でやっている藁アートです。

201909091

あんこうですかね。

201909092

これはなんだろう。やどかりに見えますが、違うかな。

201909093

これは謎。月が出ているとはいえ、暗くて見えません。説明の看板もないし、本当にわかりません。前はなかなかセンスある作品があったのですが、子どものイベント向けにシフトしたのか、子ども受けするような動物ばかりになって写真的にはちょっとつまらないです。

これら全部固定撮影でSequatorで処理しています。このソフト、本当に星景ファンの味方です。もう赤道儀はいらないかも。

それなりに楽しいひと時でしたが、昔のように星景撮るだけのために早起きしたり、1時間も2時間も車を走らせることなんてもうできないかもしれません。天文趣味が飽きたわけではありませんが、興味の対象が変わりつつあるのを感じています。

| | コメント (2)

2019年9月 8日 (日)

物星台のメンテナンス

  物星台を作って2年が立ちました。ウッドデッキは防腐加工がしてあるとは言え、だいぶ痛みが出てきました。去年一度塗装したのですが、手を抜いたため1年でもうだめになりました。やっぱり長く持たせたいのでここできちんと塗装することにしました。

Img_3151_20190909000601

左が塗装前、右が1度塗りしたもの。女房が手伝ってくれています。今回は手間とお金をかけました。先週サンドペーパーで下地調整。昨日は再度ペーパーをかけて水洗い。1日乾かして土曜日に塗装です。ラッキーなことに土日と快晴が続きそうです。塗料は油性のものを3度塗りしました。

夜はよく晴れました。透明度も良かったし、撮影したかったですが、乾かないので立ち入り禁止です。泣く泣く下から月だけ眺めていました。

1日後

Img_3159

我ながらきれいに仕上がったと思います。まあでもプロにはとうてい及びませんが、素人なんでこんなものでしょう。見栄えよりも持てばいいです。

そこそこ雲はありますが、今日は月と土星が接近する日。早速ペンキの乾いた物星台で観望です。

Img_3165

でかい望遠鏡載せるのはめんどくさかったので、例のAZ-GTiと10cmニュートンの観望システムです。40mmの接眼レンズで観てみました。約11倍ですからほとんど双眼鏡レベルですね。コンデジを覗かせて手持ちコリメートで撮ってみました。ピクセル等倍にしてみると土星は楕円になっていてなんとなく輪があるように見えます。もう向かいの屋根に沈む寸前でしたが、見えるところまで動かしました。システムすべてを片手で持てるところがいいです。最近これでばかり星を眺めています。手軽なのって何よりも勝ることを実感してます。このままこれがメインの星見スタイルになったらどうしよう。

 

| | コメント (2)

2019年9月 6日 (金)

AZ-GTi導入記~その6~

SynScanのバージョンのお話をしてみます。

AZ-GTiを動かせるデバイスは4つあります。自宅用Androidタブレット、車用Androidタブレット、iPhone(電話かけられない)、撮影用Windowsパソコン、です。自宅用タブレットで操作してみました。左側に取り付けた鏡筒が地面を向いてしまいました。ファームウェアを替えたので左側で動くはずですが、どうしたことでしょう。SynScanのバージョンは4.16でした。iPhone、Windowsではきちんと左側で正しく導入できます。動かないものはしょうがありません。アンインストールして新しいものにしようと思いました。最新は4.17です。しかしインストールができません。4.17はAndroid4.4以上でないと入らないみたいです。自宅用タブレットは4.2です。車用タブレットでは動きました。こちらのSynScanバージョンは4.14。じゃ自宅用タブレットも4.14にすればいい、と思ったのですが、GooglePlayでは4.17しか出てきません。困ったー。まあ、他にも3つ操作できるデバイスがありますからいいのですが、常時家にあるタブレットはこれしかないので使えないとちょっと不便。なにか方法はないかと探してみると、どうやらインストール用のapkファイルが見つかればいいらしい。検索してみたらありました。公式サイトではありませんが、ダウンロードできます。ダウンロードしたapkファイルをクリックすると公式サイトのものでないので警告が出てきます。設定画面より提供元不明のアプリをインストールできるようにチェックを入れます。インストールできました。操作してみたら左側取り付けの鏡筒でちゃんと導入できます。なんとか解決です。ちなみに車用タブレットはAndroid4.4ですが、SynScanを4.17にしておかしなことが起こっても困るので4.14のままにとどめておこうと思います。

そこそこ晴れていたので10cm反射で月でも撮ってみました。初心に返ってコリメート方式です。

Img_3156

| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

晴れなければ更新もできない

更新が滞っています。晴れないとネタもありません。昔は晴れなくてもテキトーにネタを見つけて更新していましたが、このところ公私共に忙しく、暇ネタを探す元気もありませんでした。今日の夕方、ようやく久しぶりのきれいな夕焼けを見ることができたので、やっと更新ができます。

Img_3144

帰宅時の夕焼けがあまりにきれいで、脇道に逸れて写真を撮ろうと思ったら、HARD OFF ECOスタジアム新潟脇の芝生公園でした。こんな広々とした公園があるなんて知りませんでした。星景にも使えそう。

ようやく星まつりで買った10cmニュートンの初観望ができました。結構いい。土星の輪も見えるし、M13や亜鈴星雲もよく見えます。低倍率だとほとんど収差もなくシャープな星像を見せてくれます。乱視の私でもメガネをかけると矯正されてちゃんと点像に見えます。この望遠鏡はお買い得でした。ヘタなカセグレン買わなくて良かったです。

週末は久々に晴れそうです。でも半月があるので遠征はしないつもりです。撮影するにしても自宅になるでしょう。もう惑星もシーズンオフに近づいています。労多くして功少なしなので今年の惑星はお終い。秋はDeepSkyを楽しもうと思います。

| | コメント (0)

2019年8月30日 (金)

月見草の変化

胎内星まつりで買った月見草です。

夕方帰ってきたら白い花が咲いていました。

Img_3135

翌朝にはピンクに

Img_3136

美しいですね。1日で2回楽しめます。別の花みたいです。あんまり花を愛でる感性は持ち合わせていないのですが、この花は本当に美しいと思います。夜にひっそりと咲いて、昼にはしぼむという、目立たなさがなんとも奥ゆかしくて好きです。星屋の習性そのものみたいでなんとも親近感の湧く花です。

| | コメント (2)

«AZ-GTi導入記~その5~