2017年11月22日 (水)

予報も当たる

昨日21日は天気予報でもGPVでも21時過ぎから晴れでした。予報はバッチリ、21時に帰宅した時はまだ雲に覆われていましたが、22時過ぎに出てみると快晴。宵の口から晴れていれば何かしら撮れたのですが、この時間からはなにも撮れない。機材もないので唯一のコンデジでバッテリーの続く限りシャッター開けてみました。

Img_2100

約1時間半の露光でバッテリーが力尽きていました。しかし雲が全く通った形跡がありません。透明度も良さそうですし、こんなんならなにか準備しているんでした。週間予報では全く晴れる気配はなかったのですが、こんなこともあります。意外に明日の天気は明日にならないとわかりません。

これはPowerShot G7Xでの星空軌跡モードですが、この日はうまくいきました。しかしカメラ内での比較明合成は最後の1枚が失敗すれば、それまで露光したものがすべてパーになります。考えてみればリスク高いです。そこでメーカーに提案したいのですが、途中で中止した場合、最後のコマを今までの画像に加えるか捨てるかの選択肢を作ってもらいたいです。大体の場合は撮影中は近くにいて光が入ったとか、雲がかかったとか、失敗があればすぐにわかります。そのときに中止してそのコマを捨てればそれまで撮った画像は生きます。簡単なことだと思うので次期機種よりこの機能をつけてもらいたいです。できれば現行機種もファームウェアのアップデートで対応してくれないでしょうか。キヤノンさん、これ見ていたらよろしくお願いしま~す。

| | コメント (3)

2017年11月20日 (月)

破綻しました

17日の遠征で試したかったことは小型赤道儀CG-4(EQ3 GOTO)のガイドテストです。SAMYANG 135mmを載せてみました。結果は散々です。3分露光で30枚くらい撮りましたが、1/3くらいガイドミスしています。赤経方向はいいのですが、赤緯方向にずれてまるで二重星みたいになっています。原因はわかっています。バックラッシュが大きすぎる。コントローラーのボタンを押しても2~3秒しないと動き出しません。調整を試みたのですが改善せず放置したものです。さらに調整して直るのか、これがこの安物赤道儀の限界なのか、まだあきらめきれないので暇の時にまた調整してみます。いっそ赤緯方向のガイドを止めたほうがいいんですかね。

テストで撮ったものはこれ

201711175

SAMYANG 135mm F2(f2.8)で3分17枚をコンポジットしました。30枚中から比較的いいものを取り出しています。ガイドミス、薄雲、カブリと元画像は酷く、もうヤケで処理しました。あまりにもひどいので縮小してます。私には珍しく淡い分子雲を炙り出したのですが、破綻してますね。でもちょっとだけコツがわかったので今度真面目にやってみようと思います。フラットの重要性がいまさらながらに身に沁みました。難しい・・・しかしこれが完璧ならばほぼ80%は完成したも同然なんですね。もう一度勉強して出直します。

| | コメント (2)

2017年11月18日 (土)

銀杏星景

昨日17日は久しぶりの晴れ。それに新月。週末ですので制限なく遠征行けます。プレミアムフライデーより嬉しい新月フライデー。とはいえ、天気は下り坂ですのでそんなに長くはいられないはず。ダメなら薄雲混じりでもいいので銀杏星景を撮ろうと五泉蛭野の銀杏の里にしました。今が盛りです。ここの唯一のお店、銀杏茶屋に行くのが好きです。しかしシーズンの休日しかやっていないのでもう来週は店じまいしているかも。

東以外は結構薄雲があります。しかし撮りたい対象がある東側だけが雲がありません。こういうラッキーも珍しいです。

201711174

冬の星座が登ってきました。低空は薄雲っぽいです。この日の目的はCG-4での中望遠のガイド撮影。やっぱりごく薄い雲が結構流れていたようです。使えるコマは案外少ないかも。23時ころになってとうとう撮影不可能なくらいの雲がかかり始めました。潔く中止。しかし撤収完了したら雲はどこかに行ってしまい、さっきより良い空です。もう一度設営するのも面倒ですし、銀杏星景を撮ることにしました。ここには星景にぴったりのいい大木があります。この時間は車はほぼ通りません。まずノーマルカメラでまず撮ったのですが、こんな機会もあまりないので冷却改造カメラに替えて取り直しました。

201711173

銀杏と星空は別々に撮って合成しています。惜しかったのはやっぱり薄雲が少し流れていること、ピントがちょっといい加減だったので片ボケしてしまったこと。広角といえどピントに手を抜けませんね。

1週間先まで雨マークです。月も大きくなってくるし、銀杏の葉も落ちるでしょうからもう一度撮ろうと思っても来年です。

| | コメント (2)

2017年11月17日 (金)

晴れを信じて

今日は天気予報は曇り、GPVも真っ白ですが、なぜだか今晩は晴れると確信して、昼からバッテリーの充電やら機材の積み込みしていました。案の定夕方からほぼ快晴。温暖前線と寒冷前線の間は晴れます。根拠はそれのみですが、当たりました。とはいえ、たぶん長い時間は晴れないだろうと、外れてもいいようにいつもの遠征地より手前の村松の銀杏の里にしました。銀杏はちょうど見頃です。

まだ車の通りも多いし、オリオンが上がってこないのでこんなものを。柿星景。

201711171

車のライトを当ててみましたが、明るすぎ。風情がないのでノーライトです。

このあとメインのつもりで来た、撮影をしますが処理に時間がかかりそうなので後ほど。そもそもまだ見ていないので成功か失敗かもわかりません。

23時頃薄雲が多くなってきたので止めました。撤収終わったら再び晴れてきて、勿体ないのでオリオンと銀杏を撮ってみました。

201711172

とりあえず固定ですが、ちょっと本気出して撮ったものもあるのでそれも後ほど。

今日はこの2枚。疲れたし、もう寝ます。若い皆さんと違って夜更かしは苦手です。

| | コメント (4)

2017年11月13日 (月)

ほぼ初めての月

長い天文人生、下弦より細い月は写真に撮った記憶がありません。夜中にトイレに立った時以外、見たことも滅多にありません。なにせ朝が弱いので明け方に起きて写真撮ろうとか、よほどのイベントものでない限りありません。しかし、せっかく物星台ができたことですし、望遠鏡は寝る前にセットしておけば起きてすぐ撮影できます。13日明け方は晴れそうな予報。赤道儀をセットして寝ました。23時はまだ雲に覆われていましたが4時に起きると快晴。

見た感じはこんな風です。

201711131

HD800+0.7倍レデューサー(約1400mm)、EOS 60D

東の空にこんな形の月ってすごく新鮮に見えます。

201711132

レデューサーを外して2000mmでも撮ってみました。

この前日はレグルスの食だったんですね。撮ろうと思って家の窓からボーグで構えていたんですが、1時になっても晴れなかったので寝てしまいました。ちょっとだけでも記念に撮りたかったです。

なお、ちなみに物星台から見る西側はこんな感じ。

201711133

もう電線のジャングルみたいです。こっち方面の撮影は厳しい。しかし視野角の狭い直焦点撮影なら電線に引っ掛かったコマだけ除外すればなんとかなるような気もします。一度試してみたいですが、なかなかチャンスがありません。

今日は夕方18時頃まで一面の雲でしたが、20時にはほぼ快晴になっていました。わかっていれば1時間でもいいのでちょっとテスト撮影したいことがあったのですが、こういうゲリラ的な晴れ間には心の準備ができません。

| | コメント (2)

2017年11月11日 (土)

あなたが落としたのは

昨日10日はちょこっと晴れました。予報は怪しかったのですが、温暖前線と寒冷前線の間はわりと雲がないことが多いので休日前ですし、直焦点と星景とどっちに転んでもいい装備で出かけました。しかしやっぱり薄雲です。直焦点は諦めて雲間から星景にしました。

比較的雲の少ない南の一つ星。

201711101

魚眼ですが、無理やりソフトフィルターを引っ掛けて撮りました。ケラレましたのでトリミングしています。

雲は切れないのでこれを撮って諦めて帰ろうとしました。車に戻り機材を積み込んでいたら、ソフトフィルターがないことに気が付きました。ヤバイ、引っ掛けていたことをど忘れして落としてしまったんでしょうか。あせって撮影場所に戻り探しました。しかし見つかりません。もしかしたら池に落ちてしまったのかも。こんなとき女神さまが「あなたが落としたのはこのHEUIB-II フィルターですか?」とかいって池から出てきたら「はい、それは私が落としたHEUIB-II フィルターです」とか言っちゃうんだろうなあ、なんて妄想しながら10分くらい探しました。しかし見つかりません。82mmは結構高いんです。諦めて帰り支度を始めました。SDカードをしまう時、ケースを落としてしまいました。ケースを拾うためライトを照らしたらなんと、フィルターがドアの前に落ちているではありませんか。なんでもかんでもポケットに入れてしまう癖があるのですが、たぶんポケットから落っこちたんでしょう。しかし踏まなくてよかったー。やっぱり女神さまがこっそり置いていってくれたのだろうと信じることにします。

帰ろうとして空を見上げたらなんと薄雲は取れてほぼ快晴です。せっかくですから撮りたかった構図のために再び機材を持ち出しました。

201711102

また落っことすといけないのでフィルターなしです。しばらく晴れていそうでしたが、風も冷たくなってきたのでこのあとすぐ帰りました。この晴れ間もやっぱり女神さまのおかげでしょうか。

| | コメント (2)

2017年11月 9日 (木)

星ぐるぐると灯台ぐるぐる

日没後、なーんか晴れているっぽいので月も21:30まで昇ってこないし、久しぶりにガイド撮影でもしてみようかと簡単なほうの赤道儀とカメラ、コ・ボーグを持って大根畑へ行ってみました。しかしまだ大根は収穫真っ最中。オマケに風も強いし雲も少しある、意気消沈して止めました。しかし帰宅するのはまだ早い18:30です。19:30より早く帰ってくるなと言われています。どこかで時間つぶそうと海に行ってみることにしました。四ツ興野浜とか巻漁港とか行ってみましたが、あんまりいいロケーションじゃありません。角田浜まで足を伸ばしました。

Img_2091

灯台の光がぐるぐる回っています。レンズはコ・ボーグしか持ってこなかったのでコンデジで撮りました。風が強くて星がギザギザです。

Img_2094

灯台を入れるとデネブが入りません。やっぱり広角持ってくるんでした。いつもは保険の意味で直焦点撮影のつもりでも広角も持ってくるのですが、今日は星景撮るつもりはまったくありませんでした。

しばらくすると立っていられないほどの強風が吹き荒れてきました。さすがに中止。まだ大三角形が沈み切らないうちにちゃんした機材持ってもう一度きてみたいです。

| | コメント (8)

2017年11月 8日 (水)

南の一つ星

弥彦山ではポタ赤でも何枚か撮りました。

沈みゆく天の川

201711062

地上風景と星空は別々に撮って合成しました。

ロープウェイ山頂駅からとても明るいライトが照らされていてここまで届きます。非常に邪魔なのでこの石標で陰にしました。いっしょにテレビ塔の赤いライトも隠れました。これはアクセントとして入れたかったのですが。山頂駅のライトはこのあと消えました。一晩中点いているわけでもなさそうです。

フォーマルハウトと夜景

201711063

これも合成です。星に合わせると夜景が明るすぎます。夜景はごく短時間で撮りました。秋の星空はさして目立つ星座がなく、星景には向きません。唯一の秋の一等星ですが、周りになにもないので寂しいですね。でもこの孤独さも私は好きです。

だんだん冬型の気圧配置が現れるようになってきました。大根収穫も始まったようです。それのなにが関係あるかというと、収穫が終われば再び大手を振って大根畑で撮影ができるからです。冬の貴重な撮影地です。

| | コメント (6)

2017年11月 6日 (月)

てっぺん取ったどー

他の方のブログで拝見し、自分も一度やってみたかった。

201711061

ポーズ取るとかで弾けるのはちょっと歳なので、地味ですが北斗の柄杓に頭を突っ込んでみました。

場所は弥彦山の山頂。600mくらい?最高地点ではないですが、簡単に登れる丘の上で達成感が味わえます。

お決まりのぐるぐるですが、大失敗。

Img_2090

40分くらい露光したところで、風で三脚が倒れてしまいました。ちょうど倒れた直後に気づいたようです。左半分にカシオペアが写っています。コンデジの星空軌跡モードだと最後の1枚で失敗するとすべておしゃかなのでリスク高いです。あんまり使いたくないのですが、手軽さには勝てません。

他にも月が出るまでの1時間、数枚星景も撮りました。誰も来るわけないと思っていたら2組のアベック(死語)が登ってきました。落ち着かないので月も出たし、早々に引き上げました。ごく短時間でしたが、久々の星空で同級会の年齢ボケを振り払うことができました。

| | コメント (10)

2017年11月 4日 (土)

晴れの特異日

11月3日は晴れの特異日と言われています。人間の都合で作った暦と自然現象はまったく関係ないはずですが、どういうわけか快晴になる確率が高いそうですね。今年も前日まで曇りの予報だったのにまさかの快晴。絵に描いたような特異日になりました。この日は湯沢で中学の同級会があるので紅葉見物がてら道草しながら向かいました。

あんまり陽気がいいのでこんなものまで出現しました。

Mario2017

ここは星景マニアに結構有名なところ

Img_2047

小千谷市です。はさ木を前景にした雪原サソリが撮れるところです。大体の場所は聞いていましたが、初めて発見しました。ただ、冬はここまで除雪していないとかで、雪中行軍する必要があるとのことです。機会があったら来てみたいです。

次に行ったところが5年前の同級会のときに発見した紅葉スポット。前回曇りだったので晴れた日に来てみたかった。ナビに入れておいて5年目にしてようやく来れました。

Img_2050

しかし、荒れ果てています。立て札によると、公園として整備していたのを放棄したらしいです。残念です。もう来ることはないでしょう。

あとこの会場に向かいますが、せっかくなので魚沼スカイライン経由で。しかし普通に国道通っていくのもなんなので、丘陵の尾根沿いを通っていくことにしました。適当にナビに任せて走ります。

結構な眺めです。標高は400mくらい。魚沼スカイラインに負けていません。車には全くすれ違いません。独り占めです。

Img_2064

一旦253号線に出てから八箇峠を登り、そこから魚沼スカイラインに入ります。もう5回位は通ったかもしれません。

護国観音の展望台に寄りました。

Img_2077

中学校の遠足でも来たことがあります。片道10km以上歩いたかも。子供の足だとすごく長かった。あの観音像はその時もありました。今は屋根付きですが、当時はなかったです。場所も移動したような気がします。

いい眺めです。

Img_2072

ここは県内有数の星見スポットとしても知られています。しかし夜景もありますし、暗さはどれくらいでしょう。一度来てみたいですが遠いなー

寄付した人の名前だと思うのですが、こんな人の名も。

Img_2075

そこここに有名人の名前もあります。これは30年前に来た時に見つけました。石碑はその時よりも増えています。今でも寄付が耐えないのでしょうか。

このあと同級会会場へ。着いたのは開始1時間前でしたが、それでも一番遅かったとのこと。みんななんでそんなに早いんだー

5年ぶりの人もいれば、45年ぶりの人もいます。全く面影がない人と、全然変わらない人といます。でも話をすれば当時の面影は蘇ります。ちなみに私は全然変わらないほうに入るようです。進歩がないとも言えるでしょう。

翌日は雨。まさに昨日は特異日です。まっすぐ帰るのもなんなのでやっぱり道草を。ここは2年前星景を撮ったところ。向こうは八海山ですが、今日は霧に煙って見えません。

Img_2080

途中で見かけた名もない滝。あるのかもしれませんが、わかりません。

Img_2087

結構雄大です。あまり人が来るところでもなさそうですが、名所として国道入り口に看板でも出しておけば訪れる人は多いと思います。

昨日は年齢を45年前に戻したので未だに頭がついてきていません。まだボーッとしています。ちょうど今日が満月。明日から新月期に向かっていきます。星空を眺めてこの年齢ボケを直したいです。

| | コメント (4)

«これからのこと